ロンドンのゲストハウス
Mon, 25 June 2018

成人年齢の引き下げが国民生活に、ビジネスに及ぼす影響

Credit cards, but no sake: Japan lowers age of adulthood from 20 to 18
クレジット・カードはOK、でも酒はダメ、20歳から18歳へ、成人年齢を引き下げる日本

「ガーディアン」紙(電子版) 6月15日

「ガーディアン」紙(電子版)は15日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が、日本の国会で成立したことを報じた。

記事は、改正により18歳から男女ともに親の同意なく結婚ができ、クレジット・カードの申請やローンを組むことなどが可能になると説明。その一方、飲酒や喫煙、公営ギャンブルへの参加は20歳からに据え置かれたとしている。

また記事は、大学受験と成人式はともに毎年1月の第2月曜日にあたり、日付けが重なることで、成人式への参加者が減少することが予想されると述べている。そしてこの変更は、振袖の貸し出しや売り上げに大きく響くと呉服業界が懸念しているとし、「着物の需要が停滞する昨今、先細りするこの業界において、成人式は最後の砦だった」と、呉服店の社長がメディアに話したコメントを伝えている。改正案の施行は2022年の予定。

Literature of loneliness depicts solitude as a noble state
孤独を高尚なものとして描く「孤独本」

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版) 6月7日

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は7日、孤独を美化する書籍が、日本で人気を集めていると伝える記事を掲載した。

同記事は、TVドラマ「孤独のグルメ」に触れ、「孤独のすすめ 人生の後半の生き方」(五木寛之著)や「極上の孤独」(下重暁子著)などの書籍が売れているとした。これらは孤独の楽しみについて著し、一人は「哀れ」で「怖いこと」という認識を、「気兼ねしない」「自由」なものに変化させたと伝えた。一方で、孤独の危険性を訴える書籍も出版されているとした。

Kansai: Japan’s historic heartland plays to its strengths
日本の歴史的中心地、関西が、独自の強みを生かす

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版) 7月11日

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は11日、関西圏が観光や医療産業の新機軸を打ち出すことで、東京一極集中の是正を狙っていると伝えた。

記事では、大阪府の松井一郎知事がバイオ医薬品、及び観光を経済の柱に掲げていると紹介。同府は来年2019年に20カ国・地域(G20)首脳会議を開催するほか、現在、25年国際博覧会(万博)の誘致活動も行なっているとしている。また、関西を訪れる外国人旅行者の割合が、訪日外国人全体の33%(13年)から42%(17年)に上昇したと述べた。

Nearly 60,000 Japanese drivers showed signs of dementia
6万人近くの運転者が認知症の恐れありと判定

「ガーディアン」紙(電子版) 7月14日

「ガーディアン」紙(電子版)は14日、2017年度に運転免許更新の際に認知機能検査を受けた75歳以上の高齢ドライバーのうち、約5万7000人が認知症の恐れがあると判定されたと報じた。

記事は、高齢運転者による事故対策の一環として、75歳以上の運転者に対し認知機能検査の受検を義務付ける改正法が昨年度から施行されたと説明。警視庁によると、3月末までに200万人が検査を受け、約1900人の免許が取り消し、または停止となり、1万6000人が自主的に免許を返納したと伝えている。

 
  • Facebook

編集者募集 ロンドン・レストランガイド
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ブログ Japan Digest ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア