ニュースダイジェストの制作業務
Wed, 17 July 2024

旧優生保護法は違法、最高裁が政府に賠償命令 - 時効の主張を退ける

Court orders Japanese government to pay damages over forced sterilisations

「ガーディアン」紙(電子版)は3日、1950~70年代に旧優生保護法の下で、強制的に不妊手術を受けさせられた数十人の人々が国に損害賠償を求めた事件で、最高裁判所が政府に損害賠償を支払うよう命じたと伝えた。

同紙は、この判決が同意なく手術を受けた39人の原告と、病気や遺伝性疾患、精神疾患を抱える何千人もの人々にとって大きな勝利となったと伝えた。そして、1948年に制定され96年まで廃止されなかった旧優生保護法を、医師が「質の悪い子孫」の誕生を防ぐために強制不妊手術を行うことを許可した法律だと説明。さらに、政府がこの法律の下で、9歳の子どもを含む1万6500人が強制的に不妊手術を受けさせられていたことを認めたと報道した。

記事は、最高裁が、20年が過ぎると時効により賠償請求権がなくなるという国の主張を、権利の乱用として退けたと説明。被害者1人当たり320万円の一時金支払いを規定する法律が2019年に可決されたものの、被害者たちは賠償額が自分たちの苦しみの深刻さに見合わないと主張し、訴えていたと述べた。記事は続けて、高等裁判所は原告1人当たり1100~1600万円、死亡した被害者の配偶者に220万円の損害賠償を命じ、時効の適用は「著しく不当」であるとの判決を下したと報じた。

Man who spent 45 years on death row in Japan hopes for chance to clear name
45年間死刑囚として過ごした男性が名誉回復を望む

「ガーディアン」紙(電子版)は3日、1966年に静岡県で一家4人が殺害された事件で死刑宣告を受けた袴田巌さん(88)の再審を報道。死刑囚は45年間、無実を主張し続けているとし、長期の収監は非人道的という弁護団の言葉を紹介した。

Japan declares victory in 20-year ‘war on floppy disks’
日本が20年にわたる「フロッピーディスク戦争」に勝利を宣言

「テレグラフ」紙(電子版)は3日、日本はハイテク先進国とみなされているが、政府機関は1980年代型の技術に広く依存しており、ようやくフロッピーディスクからの脱却にめどが立ったと報道。次のターゲットはFaxになるだろうと伝えた。

Japan introduces enormous humanoid robot to maintain train lines
鉄道メンテナンスに人型ロボットが登場

「ガーディアン」紙(電子版)は4日、JR西日本が工事時の作業員の安全性の向上や、人材不足改善を狙い、人型ロボットを導入したと報道。ロボットの主な任務は今のところ、線路沿いの木の枝の刈り込みや金属フレームの塗装だと伝えた。

Heatstroke alerts issued across Japan as heatwave leads to four deaths
猛暑で4人死亡、全国で熱中症アラート発令

「ガーディアン」紙(電子版)は8日、7日に静岡市で気温が今年初めて40度に達したことを受けて、気象庁は「命にかかわる」レベルであると警告したと報道。この数日間で全国で4人の高齢者が暑さが原因で死亡したと伝えた。

 

米兵による沖縄での性的暴行事件、県が「容認できない」と米軍に抗議 - 駐留兵に対する監視強化を要求

Japan condemns ‘intolerable’ US army after soldier charged with rape of teenager

「テレグラフ」紙(電子版)は6月27日、沖縄の米軍嘉手納基地に所属する米兵(25)が、16歳未満の少女をわいせつ目的で誘い出し性的暴行をした罪で起訴された事件で、県が同27日、嘉手納基地のトップらに対し「断じて許すことはできない」と抗議し、再発防止を強く要請したと伝えた。

同記事は、沖縄は日本の陸地面積のわずか0.6パーセントを占めるに過ぎないが、国内の米軍基地と施設の約70パーセントが集中していると報道。汚染、騒音、ヘリコプターの墜落など基地関連の問題は沖縄の人々を長い間悩ませており、米軍駐留に対する不満につながっていると説明した。また、1995年に沖縄本島北部で3人の米兵が12歳の少女を集団で暴行した事件をきっかけに、日本に駐留する米兵の法的地位を定めた60年の協定の見直しを求める声が広がったと述べた。同紙は、沖縄県知事の玉城デニー氏の「未成年者に対してこのようなことが行われたこと自体、米軍基地に隣接する地域住民に大きな恐怖を与える」という言葉を引用し、沖縄では米軍普天間飛行場の移設計画をめぐり、反基地感情が高まっていると説明。NHKが2022年に実施した全国世論調査では、日本人の80パーセントが米軍の沖縄への偏った配置を「間違っている」または「やや間違っている」と考えていることが分かったと伝えた。

Tokyo election: demographic crisis the top issue as two women vie for job of governor
都知事選は人口危機が最大の争点

「ガーディアン」紙(電子版)は6月20日、保守派で現職の小池百合子氏が、中道左派の蓮舫氏を主な対抗馬に、3期目を目指していると報道。候補者らは、高齢化する巨大都市の人口減少という前例のない課題への対処法を問われていると伝えた。

What is STSS, the deadly flesh-eating bacteria on the rise in Japan?
日本で増加する致死率の高い人食い細菌「STSS」

「インディペンデント」紙(電子版)は6月21日、日本では2024年上半期に1000件を超える劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)の症例が報告されたと報道。3月には死亡者が77人に達したにもかかわらず、増加原因は依然不明であると伝えた。

Move over ramen and sushi – the humble onigiri is the soul food of Japan
ラーメンでも寿司でもなく、おにぎりこそ日本のソウル・フード

「インディペンデント」紙(電子版)は6月24日、「おにぎり」という単語がオックスフォード英語辞典に掲載されたと報道。一般社団法人おにぎり協会の、「ファストフードであり、スロー・フードであり、ソウル・フードである」という言葉を紹介した。

Yen at 38-year low against the dollar
38年ぶり安値の円相場

「ガーディアン」紙(電子版)は6月27日、対ドルで1986年以来、約38年ぶりの安値を付けた円相場は、160.8円まで下落したと報道。行き過ぎた円安を阻止するため、政府・日銀は9.8兆円(約480億ポンド)の市場介入を余儀なくされたと伝えた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook

24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター 日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street Sakura Dental

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ
バックナンバー