instagram Facebook ツイッター
日経電子版 春割り
Sat, 20 April 2019

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

構造建築物の新たな課税控除

不動産に対して英国の新たな課税控除があるそうですね。

構造建築物控除(Structural Buildings Allowance = SBA)といい、建物の建設費用を年に2%控除ができるものです。これは、一般からの意見を募るため2019年3月13日に公表され、政府は、今夏にこれを法制化する考えです。

この控除はどの建物にも適用されますか。

いいえ。2018年10月29日以降に建設され、適格な目的で使用される商業用建物だけです。商業用建物とは、土地や「住居」ではないものとなりますので、住宅やアパートだけでなく、刑務所、兵舎、学生寮などは対象になりません。

10月29日より前に建設された建物の場合はどうなりますか。

その場合にはSBAは認められません。たとえ建設工事が10月29日の時点でまだ始まっていなくても、工事契約を10月29日より前に結んでいる場合、あるいは社内の建設で準備業務が10月29日より前に始まっている場合には、その建物は不適格となります。

建物が古くても10月29日以降に改修される場合はどうなりますか。

その新たな建設工事の行われる建物は適格となり、控除は建築日から50年間にわたり認められます。このため、同じ建物でも50年のうちに複数の異なるSBAが請求できる可能性があります。また、建物が50年経つ前に取り壊される場合は、残りの期間についても引き続き2%が控除されます。

この新しい控除とキャピタル・アローワンスの関係を教えてください。

この2つは並立するもので、キャピタル・アローワンス(税務上の減価償却)に認められる費用はSBAには一切認められません。また年間投資償却控除は、SBAが認められる支出には適用できません。

建物がリースの場合や、建物が売却される際にはどのようになりますか。

リースの場合、そのリース期間が35年を超え、借主が頭金を支払い、その金額が建物(またはリース部分)の価格の75%以上に相当する場合など、ケースによってSBAの権利は借主に移転することが見込まれます。

また、売却の際、キャピタル・アローワンスと違い、SBAには償却残高調整はありませんが、基本的にキャピタル・ゲイン収益が以前請求したSBAにより増えることになるでしょう。

建物を持つ企業の活動が複数にわたる場合はどうですか。

SBAは、それぞれの活動の間で「公正で合理的」に配分しなければなりません。その場合、企業の活動が適格であれば、SBAが割り当てられる部分が控除可能な費用となります。また、建物が不使用の場合でも、その企業が適格な活動を続けている限り、引き続き控除を請求できます。

この新たな控除で注意すべき点は何ですか。

建物の建設日や建物が初めて適格な使用として使われ始めた時期、建物の建設費用を記録しておく必要があります。例えば、2018年10月29日以降に建設された建物を非納税者から取得する場合、新たな所有者はSBAを請求できますが、建設費用と建設日を確認する必要が出てきます。


 アンディー・トール アンディー・トール
税務ダイレクター
税務と税務会計コンプライアンス、HMRCへの照会、オーナーの利益抽出と出口戦略、R&D優遇の請求、キャピタル・アローワンスの請求、税務デュー・ディリジェンス、M&Aの税務など幅広い経験を持つ。

財務
 

パートナー陣

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ポール
  • 会計パートナー陣ニック
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣シャロン
  • 会計パートナー陣祐介

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
11 Raven Wharf, Lafone Street
London SE1 2LR
Tel: 020-7403-5959
Email: jonf@gballp.com(日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア