instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Thu, 20 June 2019

小林恭子の
英国メディアを読み解く

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi 在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社)など。

メイ首相が辞任表明、保守党の党首選へ

英国の欧州連合(EU)からの離脱(「ブレグジット」)の行方が混迷する中、5月24日、メイ首相が保守党の党首を辞任すると発表しました。
続きを読む...
 

リーク事件で注目、中国通信大手ファーウェイ、なぜ議論沸騰か

英国の欧州連合(EU)からの離脱問題を巡って、既に何人もの閣僚を失ってきたテリーザ・メイ首相。これまでは自らの意思で去る人ばかりでしたが、5月1日、今度は首相自身が「あなたを完全に信頼できない」として更迭したのが、ギャビン・ウィリアムソン国防相です。
続きを読む...
 

アマゾンのレビューは「フェイクがいっぱい」? 消費者協会が報告

レストランを予約する時や旅行の計画を立てる時、皆さんは何を「決め手」としていますか?ネットのレビューを参考にする方は多いのではないでしょうか。筆者もそんな一人です。
続きを読む...
 

オンライン被害を防げ、政府が白書を発表、害悪サイトは罰金化も

検索、ショッピング、旅行の手配、ニュース閲覧、知人や友人との交流など、インターネットは私たちの生活に欠かせない存在となりました。国境を越えてさまざまな情報が行き来するネットの世界は私たちに無限に近い量の情報や便利さを提供してくれます。しかし一方で、一元的に規制・監視する組織がないために、利用者を守る安全網が十分ではないとの指摘もされてきました。
続きを読む...
 

ブレグジット大迷走で注目、議事進行のお目付け役、バーコウ下院議長とは

まだまだ、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の先行きが見えてきませんが、英下院の様子をテレビが頻繁に報道するようになりましたね。それで目立つ存在となったのが、発言を邪魔したり、野次を飛ばしたりする議員らに対して「オーダー、オーダー(静粛に、静粛に)!」と大声を上げるジョン・バーコウ下院議長(56)です。
続きを読む...
 

過激派組織「イスラム国」の妻の運命、英国への帰国願いはどうなる?

最近、黒い装束で全身を包んだシャミマ・ベガムさん(19)の姿がテレビや新聞で連日のように報道されました。英国出身のベガムさんは、イラクやシリアを拠点とするイスラム過激派勢力「イスラム国(IS)」の戦士の妻となりましたが、 ISがほぼ壊滅状態となり、先月「サンデー・タイムズ」紙の取材に応じたときはシリアの避難民キャンプで暮らしていました。
続きを読む...
 

政治に新勢力が誕生、「独立グループ」の将来は

英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)をきっかけに、新たな政治グループが誕生しました。野党・労働党の下院議員8人と保守党の下院議員3人による「独立グループ」(The Independent Group = TIG)です。
続きを読む...
 

日立、原発建設凍結、ウェールズ地方に打撃

このところ、日系企業が英国から「手を引く」動きが次々と報道されました。1月中旬には日立製作所が、英中西部ウェールズや隣接する地域での総事業費200億ポンド(約3兆円)相当の原発建設計画を凍結すると決定し、2月上旬には日産自動車が英北東部の工場でスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」の生産を断念すると発表しました。
続きを読む...
 

幼児殺人事件を基にした映画がアカデミー賞候補に

皆さんは「ジェームズ・バルガー事件」を覚えていらっしゃいますか。25年前、イングランド北西部マージーサイドのブートルで、母親が目を離した隙に連れ去られた2歳のジェームズちゃんが殺害された事件です。
続きを読む...
 

家計を直撃する鉄道運賃の値上げ

今月2日から、英国の鉄道運賃は平均で3.1%の値上げとなりました。前年の3.4%よりは低くなりましたが、毎年恒例となっている値上げに不満を持つ方も多いのではないでしょうか。
続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 > 最後 >>

1 / 7 ページ
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド