英国留学ならアフィニティ
Tue, 14 August 2018

小林恭子の
英国メディアを読み解く

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi 在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社)など。

プラスティックのごみを減らせ、BBCの番組が大きな影響

今年の夏は、本当に暑い日が続いていますね。炎天下を避けてカフェに入り、友人とおしゃべりに興じながら冷たいジュースを飲んでいるうちに「あれ?」と思いました。ストローが「ふにゃり」と曲がっていることに気づいたのです。これまでのようなプラスティック製ではなく、紙製でした。「プラスティックから出るゴミを減らそう」という動きが、ここまできていることをしみじみと実感しました。
続きを読む...
 

メイ政権を揺るがせる保守党のEU懐疑派、リースモッグ議員に注目

英国の欧州連合(EU)からの離脱(「ブレグジット」)まで、残るところ8カ月となりました。EUとの離脱交渉は10月までに終了している必要があるそうですが、「間に合うの?」と疑問が生じるような大迷走が続いています。
続きを読む...
 

ヒースロー空港 - 拡張案で合意、総事業費は140億ポンド

「ボリスはどこだ? 」 先月25日、ウェストミンスター議会での審議中、野党の労働党議員から叫び声が上がりました。私たちがよく利用する、ロンドン西部にあるヒースロー空港に、第3の滑走路を新設する法案を国会で審議していたときのことです。「ボリス」ことボリス・ジョンソン外相は、前職のロンドン市長であったときから新滑走路の建設には大反対の姿勢を取ってきましたが、この日、その姿が見当たらなかったのです。
続きを読む...
 

創設から70周年 - すべての人のためのNHS、その成り立ちと現在

NHS(National Health Service)こと「国民医療制度」が来月、創設から70周年を迎えます。税金で運営されているため、英国に住む私たちは基本的に無料で医療サービスを受けられますね。社会を構成するすべての人々に一律の医療サービスが無料で提供されるようになるまでには、どんな経緯があったのでしょう?
続きを読む...
 

労働党と「反ユダヤ主義」- なぜユダヤ人が問題になっているのか

ここ2~3年、野党・労働党が「反ユダヤ主義」であると批判されていたことをご存知でしたか。先月上旬に行われたイングランド地方の選挙では、ユダヤ人住民が多いロンドン北部のバーネット区で、保守党が議席を増やしました。その理由の一つとして、労働党の反ユダヤ主義への反発があったと言われています。
続きを読む...
 

ヘンリー王子が結婚、挙式の場所はウィンザー城 - 英王室の公邸・私邸の使い方

エリザベス女王の孫にあたるヘンリー(ハリー)王子と米国人の女優メーガン・マークルさんが19日、結婚式を挙げることになりました。王子の曽祖父ジョージ6世の兄エドワード8世は、離婚歴のある米国人ウォリス・シンプソン夫人との結婚が許されず、1936年に退位します。
続きを読む...
 

カリブ海移民の「ウィンドラッシュ世代」が滞在危機に遭遇 - 移民締め付け策の影響で

このところ、「ウィンドラッシュ世代」の話が連日のように報道されています。ウィンドラッシュ世代とは、1948年から70年代初頭にかけて、当時英領だったジャマイカなど西インド諸島から英国にやって来た移民とその子供たちを指します。
続きを読む...
 

労働党が圧勝するか?
5月3日、イングランドで地方選挙
- 総選挙以来の国民の審判

来月3日、イングランド地方では4年ぶりの地方選挙が行われます。32のロンドン自治区、34の大都市自治区、68の地方カウンシル、17の単一自治体で4000を超える議席が争われます。また、ロンドンのハックニー、ルイシャム、ニューアム、タワー・ハムレッツ、ワトフォード自治区では区長選挙も行われます。北アイルランド地方のウェスト・タイロン選挙区では、下院の補欠選挙も行われますので、総選挙ほどの大騒ぎではないにしても、テレビで政見放送が行われ、選挙絡みの話題がひんぱんに報道されるようになっています。
続きを読む...
 

英公文書館で世界の歴史を垣間見る - 土地台帳から、スパイの足跡まで

先月、約1年ぶりに日本に一時帰国する機会がありました。毎日のように報道されていたのは、いわゆる「森友文書の書き換え問題」です。これは学校法人森友学園(大阪市)に対する格安値での国有地売却を巡り、財務省が作成した決済文書に書き換えがあったと、朝日新聞がスクープ報道したのがきっかけでした。
続きを読む...
 

第二次大戦時の宰相チャーチルどんな人物だったのか - 愛される理由とは

3月上旬、英映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でチャーチル役を演じたゲイリー・オールドマンが、第90回米アカデミー主演男優賞に輝きました。オールドマンは、2011年「裏切りのサーカス」のスパイ役で、同賞の主演男優賞にノミネートされましたが、残念ながら夢はかなわず。今回は事前の下馬評でも最有力候補となり、予想通りの受賞となりました。この映画では、辻一弘さんが日本人としては初のメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しましたね。
続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 > 最後 >>

1 / 5 ページ
  • Facebook

バナー 英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2018 バナー
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

編集者募集 ロンドン・レストランガイド
暮らしの手引き ブログ Japan Digest ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア