日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが最優秀賞を受賞いたしました!
Sat, 16 December 2017

「The Financial Times」紙って、
一体どんな新聞なの? - 小林恭子

【最終回】 第14回 日経とFTの将来は?

日本経済新聞社が英「フィナンシャル・タイムズ」紙(FT)を含むFTグループを正式に傘下に入れてから9カ月が経ちました。
続きを読む...
 

第13回 日経新聞のこれまで

これまでは日本経済新聞社が買収した英経済・金融専門紙「フィナンシャル・タイムズ」(FT)について書いてきましたが、今回は逆に日経の方に目を移してみましょう。
続きを読む...
 

第12回 電子化成功の鍵とは

ロンドンで電車に乗ると、新聞を手にしている人を見掛けることは珍しくありません。朝刊無料紙「メトロ」や同じく無料の夕刊紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が配布されていますから、ついつい手に取ってしまいますよね。
続きを読む...
 

第11回 「攻め」が得意なバーバー編集長

昨年11月、「フィナンシャル・タイムズ」紙(FT)のライオネル・バーバー編集長がロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで講演をすると聞き、早速、筆者は会場に駆け付けてみました。
続きを読む...
 

第10回 FTの東京特派員たちの素顔

今回は、筆者が日本の新聞社に勤めていた16年ほど前の話から始めていきましょう。
続きを読む...
 

第9回 速報、動画、コラムがお勧め

これまでに「フィナンシャル・タイムズ(FT)」の様々な面を紹介してきましたが、いざ手にしてみると、一体どこから読んだらいいのでしょうという声をよく聞きます。 英語は苦手だけれどもFTの記事を読みたいという方には日本経済新聞に掲載されているFTの翻訳記事がお勧めです。
続きを読む...
 

第8回 将校が読んで、作戦を練る新聞

毎朝、ピンク色の新聞「フィナンシャル・タイムズ(FT)」紙は「タイムズ」や「ガーディアン」、「サン」などとともに小売店の陳列棚に並んでいます。でも、経済専門紙であること、そして1部売りが平日版2.70ポンド(約400円)でほかの新聞の2倍以上もするせいなのか、買っていく人の姿をなかなか見かけません。一体どんな人が読んでいるのでしょうか。
続きを読む...
 

第7回 冷静、真面目、聖域なしが FT 報道の特徴

前回のコラムではゴードン・ニュートン編集長が記者に「原稿の正確さ、新鮮さ、明確さ」を求め、「フィナンシャル・タイムズ(FT)」紙の現在のジャーナリズムの基礎を作ったことを書きました。
続きを読む...
 

第6回 FT がピンク色になった理由とは

英国で新聞各紙が小売店の棚に並ぶとき、ひときわ目立つのが、薄ピンク色の新聞「フィナンシャル・タイムズ」(FT)です。なぜこんな色になったのでしょう。
続きを読む...
 

第5回 「バロン」が仕切る新聞界

英「フィナンシャル・タイムズ」(FT)紙を含むFTグループを日本経済新聞社が買収するという報道が出たとき(昨年7月末)、英国メディアが真っ先に報じた懸念は「編集権の独立はどうなる?」でした。
続きを読む...
 

第4回 干渉には徹底抗戦の新聞界

ありとあらゆる手を使ってネタ探しをする英新聞界は、政治家や著名人にとってちょっと怖い存在と言えるでしょう。
続きを読む...
 

第3回 何でもありの取材が横行する英新聞界

マックス・モズレーと言う人物をご存知でしょうか。2009年まで16年間、自動車レースの最高峰フォーミュラー・ワン(F1)などを主催する国際自動車連盟(FIA)の会長を務めました。モズレー氏には秘密がありました。それはサド・マゾ的な性行為の愉しみです。
続きを読む...
 

第2回 涙と笑いの大衆紙とは正反対の超高級紙

英国にいると、新聞を手に取る機会が結構多い――読者の皆さんもそう思いませんか。その理由は無料で読める新聞が朝夕に駅構内に積まれていたり、通りで配布されていたりするからです。ロンドンだと朝は「メトロ」、午後は「ロンドン・イブニング・スタンダード」がありますよね。無料で、かつほんの20分ほどで読めますから、非常に便利ですね。

続きを読む...
 

第1回 まさかの買収劇と英メディア界の反応とは

昨年の夏、東京はうだるような暑さが連日続きました。日本に一時帰国していた私が、夜になっても30度近くから一向に気温が下がらない一日を終え、午後11時過ぎに最後のメールをチェックしていた時のことです。メールには、驚くようなニュースが書かれていました。
続きを読む...
 
  • Facebook

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi
フィナンシャル・タイムズの実力在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社) など。

「フィナンシャル・タイムズの実力」(洋泉社)
日本経済新聞社が1600億円で巨額買収した「フィナンシャル・タイムズ(FT)」とはどんな新聞なのか? いち早くデジタル版を成功させたFTの戦略とは? 目まぐるしい再編が進むメディアの新潮流を読み解く。本連載で触れた内容に加えて、FTに関するあらゆることが分かりやすく解説されている一冊。

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集