ロンドンのゲストハウス
Tue, 17 October 2017

安心して夏休みを迎えるための防犯対策はお済みですか?

防犯

ただでさえストレスの多い外国暮らし。
だからこそマイホームは余計な心配のない、
安心できる場所にしたいものです。
ここでは、自分でできる防犯対策に加え、スマホで確認できる
簡単セーフティースマート・ホームシステムをご紹介。
備えあれば憂いなしで、長期休暇をゆっくり楽しみましょう。

防犯カメラ(CCTV)の設置で犯罪件数が減少

英国は公共の場におけるCCTVの数が世界一と言われますが、下のグラフは英国の一般家庭における犯罪事件数の推移をまとめたものです。家庭でも気軽に購入できるようなCCTVが普及し始めた1995年~97年ごろから、犯罪の数が減少している様子が見て取れます。しかし、犯罪が減少しているとはいうものの、2016年4月からの1年間にロンドン近郊で起きた空き巣・泥棒の被害件数は4万262件。ちなみに狙われやすい地区のワースト・トップ6は下記の通りです。

英国の犯罪事件数と犯罪の多い地区

防犯のための3つの基本

犯罪を防ぐために日ごろの習慣を見直してみましょう。

1 窓やドアは鍵を閉める

調査によると盗難に遭った住宅の6%は、窓に鍵がないか、本当に簡単なものしかついていなかったそうです。「2階だから大丈夫」と思わず、きちんと鍵を閉めましょう。

2留守のときも人がいるように見せる

ブラインドなどにして、いるかいないか外から判断しづらくするのが得策。夜の外出時は、灯りをつけてカーテンを閉めるという手も。

3玄関のドアは頑丈なものに

英国の古い住宅のドアはステンドグラスなどが付いた繊細なものが多く、力を加えると比較的簡単に開いてしまいます。可能なら新しい頑丈なドアに替えると良いでしょう。

スマホを使って防犯対策

基本の防犯に加え大事なのが、セキュリティー・システムの導入。ただし、プロの空き巣は警報が鳴っても一直線にメインの寝室へ行って高価なものを物色し、5分以内に逃げ出ることができるそう。そこで今回お勧めするのが、スマート・ホーム・システム。高画質カメラやセンサーを利用することで、例え外出先であっても、家に誰かが入ったことをセンサーが検知し、持ち主のスマホに連絡。カメラにスピーカーが付いているのでスマホを通して「おい!」と呼び掛けることができるほか、映像の録画も可能。また、Smart Plugを用いれば、毎日決まった時刻にライトがつくよう設定もでき安心です。お手持ちのスマホに無料の専用アプリをインストールし、ハブをスマホに登録すればOK。目的に応じて自由に製品を組み合わせることが可能です。

パナソニック高画質(HD)カメラ手軽にスマホで見守ることが可能

左右約121度の画角をフルHDの高画質で確認できるモニタリング用カメラ。人の動きによる映像の変化をキャッチするほか、音や温度を検知するセンサーが付き、様々な異変をスマホに通知。市販のSDカードを挿入すれば、映像の自動録画も可能です。

スマホを使ったセキュリティー・システム

商品ラインナップ

限定スペシャル・オファー 2017年8月末日まで 

Panasonic UKのオンライン・ショップでご購入時に、下記のプロモーション・コードをご入力ください。 上記のセット・モデルと新商品HDカメラを50ポンド割引*でご提供させていただきます。商品の詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。
Promotion Code:JSK

Panasonic

 
  • Facebook

日本タウン誌・フリーペーパー大賞 英国ニュースダイジェストへの投票をお願いいたします! 企画営業・ライター・翻訳者募集中
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー Excel Property ロンドン不動産

英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア