Yutaka
Thu, 21 October 2021

良くも悪くも五輪は始まった: 腹を括ってやるしかない - 「呪われた五輪」と呼ばれながら

The Olympics are here, for better or worse: time to get on with the show

「インディペンデント」紙(電子版) 6月17日

「ガーディアン」紙(電子版)は7月23日、国立競技場で行われた東京五輪開会式をリポートすると共に、東京五輪が抱える問題を報じた。同紙のバーニー・ロネイ記者は「誰からも望まれていないが、不思議なことに誰も止めることができない東京五輪がついに始まった」と説明。「呪われた五輪」と呼ばれる東京五輪は支出が膨らみ、都民に重い負担がかかるなど困難にさらされたが、開催は義務で、契約の問題もあって結局決行されたと述べた。コロナ禍と熱中症で医療体制が危険にさらされているなかでの開会式は、美しいものだったが巨大な通夜のような悲しみがあったと報告した。

一方、少なくとも五輪の焦点は選手たちにシフトしたとして、1年半に及ぶ不安、妥協、自主隔離、閉ざされたドアのなかで努力を続けた選手たちが輝く瞬間を迎え、素晴らしいストーリーが続くだろうとし、「主催国は感謝に値する。東京は無秩序に拡大しているが注意深い場所でもある」と結んだ。

A trinity of ghosts haunts the Tokyo Olympics
3つの亡霊に苦しめられている東京五輪

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版) 7月23日

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は7月23日、1964年の五輪のように経済成長のきっかけとなり、2011年に起きた東日本大震災からの復興や、コロナ禍終焉の象徴となる五輪を目指した日本は、その考えに呪縛され苦しんだと伝えた。

Mixed-race athletes reflect broader developments in Japanese society 多様なルーツを持つ日本選手の存在は、この国の社会的変化を示すもの

「エコノミスト」誌(電子版) 7月24日

「エコノミスト」誌(電子版)は7月24日、五輪開会式で日本選手団の旗手の1人、ベナン人の父を持つ八村塁るい選手や、聖火最終ランナーの大坂なおみ選手の例を挙げ、単一民族であることを重要視していた日本が次第に変わりつつあると報じた。

The Olympic flame won’t fire up Japan
聖火が日本を活性化させることはない

「テレグラフ」紙(電子版) 7月25日

「テレグラフ」紙(電子版)は7月25日、五輪史上初の無観客開催となった東京五輪は、日本経済に活気を与える役割を果たさないばかりか、コロナ禍の前にすでに水害を被っていた日本経済にさらなる打撃を与えるものとなったと伝えた。

The Olympic mascots aren’t winning any medals
五輪マスコット、ほかの「ゆるキャラ」に負ける

「インディペンデント」紙(電子版) 7月29日

「インディペンデント」紙(電子版)は7月29日、東京五輪の公式マスコットであるミライトワとソメイティが、日本で活躍するほかの「ゆるキャラ」に埋もれ、影が薄いと報道。覚えにくい名前やスマートすぎる体形が原因ではないかと伝えた。

 

東京五輪開会式、VIPは参加可か - 当初の1万人予定から削減

Tokyo Olympics: attendance to be slashed at opening ceremony

「インディペンデント」紙(電子版) 6月17日

「ガーディアン」紙(電子版)は6日、6万8000人収容の国立競技場で7月23日に行われる東京五輪の開会式は、コロナ禍により、当初の1万人予定から削減され、スポンサー、外交官、要人や五輪関係者などが人数を絞ったうえで出席可能になると一部メディアが報道したことを伝えた。

国際オリンピック委員会(IOC)では、競技についてはすでに海外の観客を見送り、国内の観客数上限を1万人、または収容人員の50パーセントとしているが、東京都が緊急事態宣言を発令した場合、上限はこれよりも少なくなる可能性*があるという。IOCのバック会長は、8日に政府や五輪関係者と話し合いを行うが、同日に菅義偉首相は東京都の緊急事態宣言を延長する予定であることも説明。

また、聖火リレーもほぼ全域で公道を走ることを中止し、無観客の会場での点火セレモニーに変更された。
*8日に行われた協議で東京、神奈川、埼玉、千葉の競技会場は無観客となることが決定。その後、福島と北海道も無観客開催が決まった

Japan landslide: Elderly couple among survivors pulled from buried homes
熱海の土砂災害、埋まった家屋から住民らが救助

BBC(電子版) 6月5日

BBC(電子版)は5日、3日に大規模な土石流が静岡県の熱海を襲い、救助隊は大雨のなか、土砂に埋まった家屋の生存者探索に追われたと述べた。また、災害発生から26時間後に救出された老夫婦の様子を取り上げた。

Japan pledges to defend Taiwan if China attacks, says deputy prime minister Taro Aso
台湾有事の際は日米で防衛と麻生氏が発言

「タイムズ」紙(電子版) 7月7日

「タイムズ」紙(電子版)は7日、麻生太郎副総理が、中国が台湾に侵攻した際は、日本の脅威につながる恐れがあるため、日米で台湾を防衛しなければならないと語ったと報道。これに対し中国側は強烈な不満を表明したと伝えた。

Japanese fax fans rally to defence of much-maligned machine
官僚たちがFax廃止に激しく抵抗

「ガーディアン」紙(電子版) 7月7日

「ガーディアン」紙(電子版)は7日、日本政府は官公庁で普及している1980年代の事務機器Faxの完全廃止計画を立てていたが、官僚たちの激しい抵抗に遭遇し、計画を見直すことになったと伝えた。

Japan police find body of missing British teacher
行方不明だった英語教師の遺体発見

「テレグラフ」紙(電子版) 7月9日

「テレグラフ」紙(電子版)は9日、6月30日を最後に連絡が取れなくなっていた神奈川県在住の英国人で、英語教師のアリス・ホジキンソンさんの遺体が発見されたと報道した。事件性はない模様だとも伝えた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook

グリーティングカード制作 ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ