instagram Facebook ツイッター
三味線リサイタル 本條秀慈郎
Sat, 25 May 2019

英国の口福(こうふく)を探して - イギリス伝統料理とスイーツ(お菓子)

マクギネス真美
英国在住の編集&ライター。日本での9年半の雑誌編集を経て、2003年渡英。以降、英国を拠点に、ライフスタイル、ガーデニング、食などの取材、執筆を行う。英国料理の師は義母。
mamimcguinness.com

「英国料理はまずい」だなんて、言い古された悪評など何のその。
おなじみのものから、意外と知られていないメニューまで、
英国の伝統料理やお菓子には、舌が悦ぶものが色々あります。
ぜひ一度ご賞味を。


No.96

イースター・エッグ
Easter Egg

Easter Egg

「ハッピー・イースター!」

にこにこしながら夫が渡してくれたのは、靴でも入っているのかしらと思うほど大きな箱に入った卵。それはチョコレートでできたイースター・エッグです。結婚してから初めて二人で迎えたイースターのことでした。卵型のチョコレートがスーパーの棚に延々と並べられていることには気付いていましたが、それは子供のためのものだと思い込んでいました。なので、まさか自分がこんなに大きなイースター・エッグをもらえるとは思っておらず、びっくり。どうやら英国では、イースターにこの卵型チョコレートを贈り合う習慣があるようですが、そんなことを知らない私は夫にイースター・エッグのプレゼントを用意していませんでした。なのでその日は「ごめんね、英国のイースターの習慣のことは知らなかったから」と謝り、私のもらったチョコレートを一緒に食べることに。

早速チョコを包んでいる金色のフォイルを剥がして卵を割ると、なんと中は空洞でした。卵自体は小ぶりのラグビー・ボールほどの大きさですが、チョコレートは薄っぺらく、中には何も入っていないので、ちょっと肩透かしです。

さて、日本のバレンタイン・デーにも負けないほど、チョコレートがあふれかえるイースター期の英国。「チョコレート会社の商業戦略に乗せられすぎ」「近年、大きな問題となっている肥満(特に子供たち)を増加させる原因になりかねない」など批判も少なくないのですが、それでも、今年も、相変わらずスーパーやチョコレート店にはイースター・エッグが山積みでした。

イースターに家や庭で卵を探す「エッグ・ハント」の習慣は、ドイツから来たと言われています。もとはゆで卵に彩色を施したものだったと思われますが、チョコレートのイースター・エッグがドイツやフランスで登場したのは、19世紀初めごろ。一方、英国では、1873年にブリストルのチョコレート会社J.S. フライ& サンズが、国内で初めてのチョコレート・イースター・エッグを発売しました。ちなみに、紫色のラッピング・カラーがシンボルの人気ブランド、キャドバリーがイースター・エッグの販売を開始したのは、1875年。この時の卵型チョコレートはダーク・チョコレートで、中にはドラジェと呼ばれる、砂糖でコーティングしたチョコレートが詰まっていたそうです。

このキャドバリーは、近年、英国の景観や歴史的建築物の保護に尽力しているチャリティー団体、ナショナル・トラストの管理地でのエッグ・ハントに協賛しています。今年は私もこのエッグ・ハントに初挑戦。広大な敷地内に散らばった10個のクイズに答えた後は、イースター・エッグをご褒美にもらいました。やっぱり中は空洞でしたが、イースター後に自分のお腹が卵型にならないためには、このくらいの量が十分だと思います。

イースター・エッグ・ネスト・ケーキの作り方(12個分)

  • チョコレートをボウルに入れて湯煎して溶かし、バター、ゴールデン・シロップを加えてよく混ぜる。
  • にコーンフレークを入れてよく混ぜる。
  • 12個用のカップ・ケーキ型にそれぞれカップ・ケーキ・ケースを敷き、を均等に入れる。
  • の上にそれぞれミニ・エッグを3個ずつ載せる。
  • を冷蔵庫で30分ほど冷やして、全体が固まっていれば出来上がり。
コーンフレーク 75g
ベーキング用ミルク・チョコレート 150g
バター 30g
ゴールデン・シロップ 大さじ1
ミニ・エッグ 36個
ミニ・エッグを使って作るこのお菓子は、オーブンいらずで簡単なので、小さなお子さんと一緒に作るのも楽しいです。
 
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
バナー バナー バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド