instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sat, 24 August 2019

口に含んだ瞬間、とろりと広がるまろやかなカカオの風味。
その甘く濃厚な食感に魅せられてしまった人たちは、星の数ほどいるはずだ。
チョコレート ──甘いものといえばまず頭に浮かぶほど、
人々の生活に定着しているこのスイーツだが、
一口にチョコといっても産地や配合、職人の腕次第で風味は大きく左右される。
そこで今回ご紹介するのは、ロンドン市内で厳選したこだわりのチョコレート屋さん。
バレンタインももうすぐそこ、心もとろける極上の一粒を探しに出掛けよう。

1
宝石のような一粒からはじける驚きと感動
Melt

MELT

パッション・フルーツにマンゴー、ブルーベリー、抹茶、ピスタチオ。弾けんばかりの素材の味が封じ込められた、宝石のような一粒に出合いに行こう。渡辺ちかさんがヘッド・ショコラティエを務める「メルト」は、ノッティング・ヒルの閑静なストリートに位置する。チョコレートが恋しくなったときふらりと立ち寄りたくなるような、街角の小さなショコラティエといった佇まいだ。人気デパート、セルフリッジズへの出店や幾多の受賞を経験した今でも顧客との親密な繋がりを大切にしており、店舗は実際に職人の仕事を間近で見られる造りになっている。要望や感想を直接伝えることができるのもうれしい。「食べたときの感動を大切にしたい」と語る渡辺さんの言葉通り、舌の上でとろけるチョコレートから飛び出す食材そのもののうまみは、喜びや驚きさえもたらしてくれる。少しだけいびつな形をしたそれぞれの粒は、手作り感や愛嬌もたっぷりだ。

Melt
Blueberry Muffin Cup £15/100g Seasalt Caramel Bonbonほか £15/100g(セレクト可、グラム売り)
店名 Melt
住所 59 Ledbury Road W11 2AA
TEL 020 7727 5030
最寄り駅 Notting Hill Gate駅より徒歩7分
オープン 月〜土10:00-18:30 日11:00-16:00
Website www.meltchocolates.com

2
若きチョコレートのプリンスが贈る、クリエイティブなチョコレート
Paul A Young

Paul A Young

市内2カ所に店を構えるショコラティエ、ポール・A・ヤング氏の3号店が、昨年ソーホーにオープン。「チョコレートはとてもアーティスティックな素材。どんな風にも形を変えるから想像力を掻き立てられる」と情熱的に語る氏は、著作が「ベスト・チョコレート・ブック」に選ばれるなど数々の受賞経験を持つ実力派。伝統を守りながらも常に革新的であるロンドンを意識した、クリエイティブなスタイルが魅力だ。常連の客を飽きさせないため、コレクションは定番の味を残して2週間に1度、様変わり。例えば、寒い冬であれば「丸太小屋で暖炉にあたっている」イメージで作る、キャラメル味をブレンドした葉巻チョコでスモーキーな味わいを。バレンタインには、ブルー・チーズ、クルミなどを使った濃厚なチョコレートが登場する。女性から男性へ贈りたいという要望にも応え、15年物のウィスキーが香る大人の味も用意。豊富なバラエティーがうれしい。

Paul A Young
Paul.A.Young Chocolate
£15.50/9piece Box
£25.50/16piece Box
£38/25piece Box
店名 Paul A Young
住所 143 Wardour Street W1F 8WA
TEL 020 7437 0011
最寄り駅 Tottenham Court Road駅より徒歩7分
オープン 月〜土10:00-20:00 日12:00-19:00
Website www.paulayoung.co.uk

3
遊び心満載の夢のチョコレート空間へ
Artisan Du Chocolat

Artisan Du Chocolat

真っ白な床や壁に映える、チョコレートを模したテーブルに、カカオ畑の写真が彩る天井のドーム、整然とディスプレーされたチョコレートたち。扉を開けた瞬間、甘い香りとともにチョコレートの世界へ誘われてしまうようだ。バラ・マーケットやデパートにも出店するこちらは、豊富な品数や顧客に寄り添う丁寧な接客など、一流百貨店のような雰囲気。幅広いニーズへの対応がうれしく、甘さが気になる人にはシュガー・フリー、そしてキッズ用やビーガン用も取りそろえている。ラッピングは遊び心が満載だ。輝きあるパール・チョコレートは、さながらジュエリー・ボックスのような包みへ。コスメのような瓶詰めや、小さな引き出し風のボックスなど、わくわく感がギフトにも最適。時間があれば、ゆっくり腰を下ろし、ホット・チョコレートを頂こう。甘みも苦みも包括した濃密なチョコレートは、とろんと体へ流れ込み、内からほっとさせてくれる。

Artisan Du Chocolat 
Pearls £9.50/100g
£20/200g Box
£45/500g Box
店名 Artisan Du Chocolat
住所 81 Westbourne Grove W2 4UL
TEL 0845 270 6996
最寄り駅 Notting Hill Gate駅より徒歩10分
オープン 月〜土10:00-19:00 日12:00-17:00
Website www.artisanduchocolat.com

4
映画「ショコラ」のような、幸せのチョコレート屋さん
Melange Chocolate Shop

Melange Chocolate Shop

一歩足を踏み入れると、パリ出身のショコラティエ、イザベラさんが大きな笑顔で迎えてくれる。「チョコレートには人が自然に集まってくるの」と言う、旅と出会いが大好きな彼女は、人が集まる場所を作りたいと「メレンゲ」をオープンした。一番力を入れているのは、子供のころから親しんできたチョコレート・バーだ。ジンジャー&ライムや抹茶&ストロベリーなどのやさしい香りをほんの少しだけ付けた15種類のバーは、程よく薄く作られていて、口に入れたとたんに夢のように溶けてしまう。できる限りお手頃な値段で提供するため、パッケージも一つひとつ手作りだ。「ホットなカップルにはホットなフレーバーを」という彼女の一押しは、チリを効かせた大きなハート型のダーク・チョコレート。恋人たちの熱い気持ちを盛り上げてくれそう。ロマンティックな2人なら、ラズベリー、タイム、ラベンダーの香る3色トリュフで甘いひとときを楽しんで。

Melange Chocolate Shop
Big Heart Milk Chocolate, Lavender & Lemon £9 Big Heart Dark Chocolate, Orange & Chili £9
店名 Melange Chocolate Shop
住所 184 Bellenden Road SE15 4BW
TEL 07722 650 711
最寄り駅 Peckham Rye駅より徒歩7分
オープン 火〜金10:30-19:00 土・日10:00-18:00 月休
Website www.themelange.com

5
生粋の職人が生む、最良のチョコレート
Demarquette

Demarquette

生まれながらのチョコレート職人とでも言おうか。湧き出るユニークなアイデア、厳正に素材を選ぶ確かな目、繊細で優美な仕事。英国のベスト・ショコラティエにも選ばれたマークさんの情熱は、フランス人の祖母に手ほどきを受けたことを皮切りに、まっすぐチョコレート作りへ注がれてきた。それぞれ素材の主張が残りつつ、見事な調和と一体感を持つこちらのチョコレートは、「隅々まで最良品」と謳われる通り、添加物はもちろん、余分な砂糖は不使用。甘みは天然のはちみつで補っている。ココア・バターは3種から成る独自ブレンドだ。丁寧なペイントが美しい、陶器のようにつややかな「キャラメル」は、ダーク・チョコレートのシェルにキャラメルが包まれた人気のライン。中でもお勧めは、国内各地で摘まれたローズや季節の花々が練り込まれた「イングリッシュ・ガーデン」シリーズだ。香り高い花の風味が、爽やかな夏空を思わせてくれる。

Demarquette
Valentine Red Caramel Hearts £17.50
店名 Demarquette
住所 285 Fulham Road SW10 9PZ
TEL 020 7351 5467
最寄り駅 South Kensington駅より徒歩8分
オープン 火〜木11:00-18:00 金・土11:00-19:00 
日・月休
Website www.demarquette.com

6
希少な「ピエール・マルコリーニ」チョコレートなら
Verde & Co

Verde & Co

緑のひさしの下、様々な形のバスケットや野菜、フルーツが楽しげに並ぶ。まるで田舎の小さな八百屋さんのようで、思わずカメラを向けてしまう人も多いのではないだろうか。ここは、元シェフのハーヴィーさんが、シェフ時代から付き合いのある業者から信頼の味を仕入れる食材店。お昼にはサンドイッチとサラダが300食も出るという注目のスポットだ。ここでひときわ人気なのが、小さなショーケースに並んだ「ピエール・マルコリーニ」のプラリネ。ベルギー生まれのショコラティエ、マルコリーニ氏自身が何度も農園に足を運び、気候や土壌まで検討して厳選したカカオを用いた、独創的なチョコレートだ。ベネズエラ、ジャバ、マダガスカル産を最良のバランスでブレンドした「ピエール・マルコリーニ」や、ホワイト・チョコにラズベリーで香り付けした「ラズベリー・ハート」など、チョコレートにうるさい女性の心も一粒で溶かしてしまうこと間違いなし。

このお店は閉店しました。

Pierre Marcolini
Pierre Marcolini Chocolates £11.90/9 piece Box £15.50/12 piece Box £25.50/25 piece Box
店名 Verde & Co
住所 40 Brushfield Street E1 6AG
TEL 020 7247 1924
最寄り駅 Liverpool Street駅より徒歩7分
オープン 月〜木9:00-18:00 金9:00-19:00
土・日10:00-17:00
Website www.verde-and-company-ltd.co.uk

7
心まで甘みで満たすメロウな空間
Rococo Chocolates

Rococo Chocolates

1981年のオープン以来、スクールを運営する確かな実力とブティックさながらの店構えで、ポッシュなこのエリアで強い存在感を放ってきた「ロココ・チョコレーツ」。マダガスカルを始めとする数カ所の農園のカカオをブレンドしているため、奥行きのある香りと舌触りのチョコレートを楽しめるのが特徴だ。日持ちするためお土産にもぴったりと親しまれるのは、ハチが刻印されたチョコレート・バー。特に、強い塩気が後を引く「シー・ソルト」の人気は根強い。また、注目はテキスタイルを学んだ創始者によるシンボル・デザインだ。動植物などのモチーフが緻密な線で描き起こされたパッケージは数十種にも及び、その完成度の高さは一枚の絵として部屋に飾りたくなってしまうほど。こちらの店舗は、カフェ席に加えてモロッコ風の中庭も併設。チョコレートを心から愛するスタッフが作り出す甘くメロウな空間に、時間を忘れて酔いしれたい。

Rococo Chocolates
Cat Box £16/12piece(セレクト可)
店名 Rococo Chocolates
住所 5 Motcomb Street SW1X 8JU
TEL 020 7245 0993
最寄り駅 Knightsbridge駅より徒歩7分
オープン 月〜土10:00-18:30 日12:00-18:00
Website www.rococochocolates.com

8
エリザベス女王もうっとりの由緒正しい味をどうぞ
Prestat

Prestat

1902年創業の老舗ながら、ブルー、ピンク、ゴールドのキャンディー・カラーで彩られた店内はなんともポップで女性の心をくすぐる。ライオンとユニコーンを配したロイヤル・ウォラントが示す通り、エリザベス女王の御用達である上、あの故ダイアナ元妃も大好きだったという格式のあるチョコレート・ショップだ。ここではやはり、スミレやバラなどの香り高いフレーバーを持つプラリネや、「ナポレオン3世」なるトリュフ・シリーズなど、長く愛されてきた味を試してみたい。プレーン、コーヒー、ラム、シャンパンの4種は、創業以来変わらないレシピが自慢。バレンタインには、ショーケースに並ぶ宝石のようなチョコレートを、ピンクのハート型ボックスにたっぷりの愛情と一緒に詰め合わせよう。ロイヤル・ウエディング記念に発売された、ユニオン・ジャック柄ボックス入りのトリュフで、幸せ一杯のケイト & ウィルにあやかってみるのもいいかも。

Rococo Chocolates
Heart Assortment £5.99/40g £8.50/105g, £15.76/185g £27/385g
店名 Prestat
住所 14 Princes Arcade SW1Y 6DS
TEL 0800 021 3023
最寄り駅 Piccadilly Circus駅より徒歩5分
オープン 月〜金8:00-17:00 土8:00-14:00 日休
Website www.prestat.co.uk


より大きな地図で ロンドンのチョコレート屋さん を表示

取材: ①③⑤⑦ Mariko Inoue / ②④⑥⑧ Sayaka Hirakawa

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ