instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Wed, 20 November 2019

英国の口福こうふくを探して

「英国料理はまずい」だなんて、言い古された悪評など何のその。おなじみのものから、意外と知られていないメニューまで、英国の伝統料理やお菓子には、舌が悦ぶものが色々あります。ぜひ一度ご賞味を。


マクギネス真美マクギネス真美
英国在住の編集&ライター。日本での9年半の雑誌編集を経て、2003年渡英。以降、英国を拠点に、ライフスタイル、ガーデニング、食などの取材、執筆を行う。英国料理の師は義母。
mamimcguinness.com
No. 54

ソーセージ・ロール
Sausage Roll

Sausage Roll

バーベキューと合わせて、英国の夏に欠かせないアクティビティーと言えばピクニック。少しでも日が差せば、公園の芝生の上でピクニックを始めるのが英国人(と私)。

ハンパーと呼ばれるバスケットに、陶器のティー・セットまで持ち込むポッシュなピクニックは、ビクトリア時代から続く英国の伝統。でも、現代流ピクニックはそんなに堅苦しくはありません。スーパーで買ったサンドウィッチやポテトチップにジュース。普段のランチと同様のものでも、夏の日差しを浴びながら食べれば、立派なピクニックです。

先日、レストランでランチをする予定で友人家族と久しぶりに会いました。でも、あまりに好天のため、近くの公園でピクニックをすることに。急遽、通りすがりのマークス & スペンサーに飛び込み、食材と飲み物を調達しました。

そこで友人たちがサンドウィッチと一緒に買い物かごに入れたのが「ソーセージ・ロール」。これは簡単に言うと、ソーセージの中身をパフ・ペストリーというパイ皮で包んで焼いたもの。ハーモニカほどの大きさのものと、ひと口サイズのタイプがあります。

スーパーでは、以前ご紹介したことのあるポーク・パイスコッチ・エッグなどと同じ棚に陳列されています。この時期は「ピクニックのお供にどうぞ」的なバナーがこのコーナーに貼られていることからも、英国人にとって定番のピクニック・フードだということが分かります。

でも、私にとっては、ソーセージ・ロールと言えばクリスマスと結び付く食べ物。というのも、義両親の家では、クリスマスの日、教会で夜中のミサに参加して家に戻った後、これとミンス・パイを食べるのが恒例なのです。外はすっかり冷えきったクリスマスの深夜に、オーブンからソーセージ・ロールの焼ける匂いがしてくると、お腹がすいていなくても食べたくなってしまうコンフォート・フードです。

というわけで、これまで冷たいソーセージ・ロールを食べたことはありませんでした。そして今回初めて常温で食べたのですが……。ソーセージが固くて味も香りもかすか。パイ皮はオーブンから出したときのサクサク感はなく、つぶしたコッペパンのような歯ざわり。自分の知っているソーセージ・ロールとはかなり違ったものに思えました。

調べてみると「ソーセージ・ロールは熱いのがいいか、冷たい方がいいか」というのは、英国人の間で議論のテーマになっているようです。ミルク・ティーは「紅茶が先か、ミルクが先か」とか、クリーム・ティーの「クリームが先か、いちごジャムが先か」といったディベートと同様に、議論好きの英国人にとって恰好のネタなのかもしれません。

ソーセージ・ロールは、有名な「ビートン夫人の家政書」を始め、19世紀の料理書にレシピがいくつか登場しています。当時の人たちも「Hot or cold?」と議論していたのでしょうか。

ソーセージ・ロールの作り方(約20個分)

材料

  • 市販のパイ生地(パフ・ペストリー) ... 1シート(35cm×25cm)
  • ソーセージ ... 400g
  • 卵 ... 1個
  • 塩・胡椒 ... 適量
  • 好みのハーブ ... 適量

作り方

  1. ソーセージの中身をボウルに入れ、塩・胡椒とハーブを加えて混ぜ合わせる。
  2. パイ生地を二等分し、❶の半量ずつを棒状に形作り、生地の真ん中に置く。
  3. パイ生地で棒状ソーセージ肉を包むようにぴったりと被せ、端の部分をフォークでしっかり押さえつける。
  4. ❸の上から艶出し用に溶き卵を刷毛(はけ)で塗る。
  5. 各固まりを好みのサイズ(約10個分程度)に切る。
  6. 200℃に余熱したオーブンで約15~20分焼く。表面がきつね色になり、中に火が通っていれば出来上がり。
memo

義母はソーセージ・ロールと合わせて、チーズ、小麦粉、玉ねぎにハーブなどを混ぜた「ベジタリアン用」ロールも作ります。こちらは「Cold」でもおいしいと思います。さて、皆さんはHot派、Cold派、どちらでしょう?

 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
バナー バナー バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ