ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 02 December 2021

年金世代ミュージシャン

ステージで吠える!
まだまだ現役、65歳+

一時、死亡説が流れて、「テレグラフ」紙から追悼文まで掲載された英フォーク・ロック界の大御所、デイブ・スワーブリック。60〜70年代、フェアポート・コンベンションに在籍し、一時代を築いた彼は、68歳の今でも精力的にライブをこなしている。「ガーディアン」紙によると、他にもステージで活躍する年金世代ミュージシャンは多い。

まず筆頭は、ロックロールの代名詞、チャック・ベリー(83)。30年間、オリジナル・アルバムを出していないが、昨年のヨーロッパに続いて今年、UKツアーを敢行した。次に、ビートルズからジェームス・ブラウンまで多くのミュージシャンに影響を与えた、リトル・リチャード(76)。敬虔なクリスチャンでもある彼は、チャリティー・ライブにも積極的に出演している。臨済宗(禅僧でもある)とユダヤ教の信者である、カナダ出身の「ハレルヤ」レナード・コーエン(75)も、祖国イスラエルを始め、各国で名曲を響かせている。

女性ミュージシャンで言えば、日本代表、我らがオノ・ヨーコ(76)。ジュールズ・ホランドの音楽ライブ番組では、オノ流叫び。共演のベースメント・ジャックスを完全に食った。また、ティナ・ターナー(70)や、英国の美空ひばり、シャーリー・バッシー(72)も現役ばりばり。

ステージで8キロ分走っているミック・ジャガー(66)、31歳の時、オスラー病で余命7年と言われた英プログレ・フォークのカリスマ、ロイ・ハーパー(68)、半世紀以上前、13歳の又従妹と結婚して非難された「火の玉ロック」ジェリー・リー・ルイス(74)。また、今年のグラストンベリーでベスト・アクトと評価されたニール・ヤング(63)。3分で息切れするからと、一部口パクしたシェリル・コール、見習ってくれ。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

グリーティングカード制作 プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
athletia
バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ