ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 02 December 2021

退場セレブ

インタビュー退席に
バラエティ途中棄権

例えば商談の成立寸前で、虫の居所が悪くなり「もう結構。失礼します」なんて踵を返す会社員がいるだろうか。否。

しかし、コールドプレイのクリス・マーティンはそれをやっちまった。BBCラジオ4「フロント・ロウ」のインタビュー開始9分、「3年前、長期休止に入ると宣言していたが、もう、アルバム・リリース、ツアーですか」「新作は、死に対する妄想が病的に反映されているようですが」などの問いにカチンときて、バンドのドラマーを残し途中退席。数分後に戻るも、生返事のみ。本人は「ボクはアーティスト。ビジネスマンじゃない」と反論するだろうが、新作のプロモーション=新商品の宣伝に来たんだから目的は同じだろう。新人じゃあるまいし、ジャーナリストの狡猾な質問をかわす技くらい身につけないとさ。

退場セレブは他にもいる。サルコジ仏大統領は、米CBSニュースの会見しょっぱなに妻セシリアのことを聞かれ席を蹴った。案の定、その2週間後に離婚が明らかに。また、解散宣言したS Clubのメンバーが、BBC3「リキッド・ニュース」で金銭絡みの見解の相違が理由かと聞かれ、マネージャー共々退場。その後、芸能界からも去った模様だ。温暖化防止を訴えるためにチャンネル5ニュースの中継インタビューに出たヘザー・ミルズ。「なぜ離婚係争中のこの時期に?」と繰り返し訊かれ、締めの言葉なしに画面からフェイドアウトした。

バラエティでは「Never Mind Buzzcocks」に出たプレストンをはじめ、「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」のジャーマイン・グリアー、レオ・セイヤー、「I'm A Celebrity……」のジョン・ライドン、マルコム・マクラーレンほか多数が途中棄権。勤め人なら即クビだ。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

グリーティングカード制作 プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
athletia
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ