ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 02 December 2021

カーラ・ブルーニ - Carla Bruni

一流を御した最後の砦は
ファースト・レディの座

先月、仏サルコジ大統領と結婚した元スーパーモデルで歌手のカーラ・ブルーニ(40)。顔かたち、髪の色、良家出身(祖父は伊タイヤ・メーカー、ピレリの創業者)とサルコジの先妻セシリアとの共通点は多い。

離婚後のパーティーで知り合って3カ月のスピード婚(ウソ臭いが)。その間、ディズニーランドの子連れデートや、エジプト婚前旅行を撮られて話題になっていた。大統領をメロメロにしたダイソン並の魅惑の吸引力は、過去の男たちとの歴戦で得たたまものだ。

エリック・クラプトンに始まって、ミック・ジャガー、不動産王ドナルド・トランプ、ケビン・コスナー、スイス人俳優バンサン・ペレーズ、元仏首相ローラン・ハビウス、「ポンヌフの恋人」のレオス・カラックス監督、仏の哲学者ジャン・ポール・エントベン、その息子で同じく哲学者のラファエルなど。そのうちラファエルとは、ベストセラー作家ジュスティーヌ・レビから奪って不倫の末に結婚。一人息子をもうけるも、後に離婚している。言い方は悪いが、ケイト・モスと一緒で「知」の種が欲しかったんだろうな。

クラプトンは自伝で「21歳のカーラに一時期かなりのめり込んだ。……高い頬骨とアーモンド型の瞳を持つアジア的な顔立ちがとてもセクシーだった」と回想。しかし、友人ミック・ジャガーに寝取られ、「ミックをしばらく敵意なしには見られなかった」とも。

そうして各界一流どころを御してきたブルーニに残された選択肢は唯ひとつ、ファースト・レディの座。サルコジにも言えるが、情熱の炎をカッカと燃やしているようで、しっかりツマミで調節できる大人の打算が見え見えなのは、気のせいだろうか。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

グリーティングカード制作 プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
athletia
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ