instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Sat, 04 April 2020

英国発ニュース

イースター休暇後半は交通渋滞と雨に注意-「恒例のイースター休暇」と皮肉る報道も

4月18日から4連休となるイースター休暇を控えて、「ガーディアン」紙を始めとする英各紙は、同期間中の交通状況や天気予報を報じている。
 

ファーストリテイリングが英ブランド「キャス・キッドソン」を買収か-英各紙が報道

カジュアル衣料品店のユニクロを傘下に持つファーストリテイリング社が、英国の人気ブランド「キャス・キッドソン」の買収に向けての交渉を進めていると英各紙が報じている。
 

ピーチーズ・ゲルドフさんが死去-ボブ・ゲルドフ氏の娘

国内各メディアによると7日、歌手ボブ・ゲルドフ氏の娘でテレビ・プレゼンターのピーチーズ・ゲルドフさんがケント州の自宅で死去した。25歳。
 

「山口組がウェブサイト開設」と英紙が報道-「任侠」という言葉の解説も

4月2日付の「ガーディアン」紙電子版は、日本最大規模の暴力団である山口組が公式ウェブサイトを開設したと報じるAFP通信からの配信記事を掲載した。
 

イングランド各地で深刻な大気汚染-アフリカのサハラ砂漠からの砂塵などの影響で

ロンドンを含むイングランド各地で数日にわたり、アフリカのサハラ砂漠からの砂塵に加え、英国内及び欧州諸国の汚染物質の影響で、深刻な大気汚染が続いている。BBCなど国内各メディアが大々的に報じている。
 

母親が誘拐初日から居場所を把握

2008年4月8日更新

ウェスト・ヨークシャー州で行方不明になっていたシャノン・マシューズちゃん(9)が3週間後に発見された事件で「タイムズ」紙は8日、事件の情報筋の話として、6日に司法妨害の容疑で逮捕されたシャノンちゃんの母親、カレン・マシューズ容疑者(32)が誘拐事件の容疑者の身元を初めから把握していた可能性があると報じた。

 

「エコノミスト」誌が日本の女性の地位の低さについて特集

「エコノミスト」誌の最新号が、日本における女性の社会的地位の低さについて取り上げる特集記事を掲載した。

 

英紙がきゃりーぱみゅぱみゅを「レディー・ガガを彷彿とさせる」と紹介

「ガーディアン」紙の電子版は21日、同ウェブサイトに掲載しているブログ記事の中で、日本の歌手であるきゃりーぱみゅぱみゅを取り上げ、「幻想の世界をグロテスクの境界にまで広げるぶっ飛んだポップ・スター」であると紹介した。
 

近隣住民への苦情件数が多い地域及び少ない地域が明らかに-最も多かったのはスコットランドのファイフ

2013年の1月から9月にかけて地方自治体が受けた近隣住民に関する苦情件数を調べた調査によると、住民一人当たりの苦情件数が最も多かったのは、スコットランド北東部のファイフだった。「ガーディアン」紙などが報じた。
 

英紙が日本のアイドル「BABYMETAL」を大絶賛-「世界的な流行現象に発展する可能性がある」とも

「ガーディアン」紙の電子版は、13日付で日本のアイドル「BABYMETAL(ベビーメタル)」を大絶賛する記事を掲載した。
 

交通労組ボブ・クロウ委員長が死去-ロンドン地下鉄ストライキなどを先導

今年2月にロンドン地下鉄のストライキを実施した交通労組RMTのボブ・クロウ委員長が3月11日、死去した。52歳。BBCなど国内メディアが一斉に報じた。
 

英国の各メディアも震災3周年を報道-放射能被害、汚染水処理、原発再稼働など取り上げる

東日本大震災から3周年を迎えた3月11日に合わせて、英国の各メディアは被災地の状況を伝える記事を掲載した。
 

英紙が「和食はいかにして英国を席巻するのか」-ユネスコ無形文化遺産登録を受けて

「ガーディアン」紙の電子版は5日、「和食はいかにして英国を席巻するのか」と題した記事を掲載した。
 

「FT」紙が日本が原発政策で「Uターン」と報道-「原発の新規建設もあり得る」とも

25日付の「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は、2011年に発生した福島第1原子力発電所での事故を受けて日本国内に広がった反原発に向けての動きを覆す形で、安倍政権が原子力発電に長期的に取り組む考えを示したと報じた。
 

浅田選手の演技に「素晴らしいチャンピオン」とBBC-ソチ五輪フィギュア女子

ソチ冬季五輪は20日、フィギュア・スケート女子フリーが行われ、浅田真央選手が6位、鈴木明子選手が8位、村上佳菜子選手が12位となった。BBCの実況中継では、浅田選手の演技が終わった後、「素晴らしいチャンピオン、素晴らしい演技」と絶賛するなど、各選手を称えるコメントがみられた。
 

BBCが葛西選手の健闘称える-「日本に帰国すれば英雄扱い間違いなし」とも

BBCの電子版は、15日に行われたソチ冬季五輪のオンライン中継において、スキー・ジャンプ男子ラージヒルで銀メダルを獲得した41歳の葛西紀明選手について、「葛西選手が金メダルを獲得すれば、7回目の冬季五輪出場の祝い方としては文句なかったのに」と述べて、あともう少しで金メダルを獲得できた同選手の健闘を称える見解を掲載した。
 

フィギュア男子の日本人選手の活躍にBBCでも称賛の声-ソチ五輪

ソチ冬季五輪は14日、フィギュア・スケートの男子フリーが行われ、羽生結弦選手が金メダルを獲得した。町田樹選手が5位、高橋大輔選手が6位入賞となり、BBCの実況中継でも各選手の演技を称えるコメントが聞かれた。

 

英誌が「寿司ポリスの時代は終わった」との声を紹介-「食べ物のファシズムなんて笑止千万」とも

15日付の「エコノミスト」誌は、日本が日本食に対する奇妙なこだわりを持っていた過去を振り返り、そうした態度が近年では軟化しているとの現状を伝える記事を掲載した。


2006年から07年にかけて、農林水産省が伝統的な日本食の「まがいもの」を取り締まるために海外に「寿司ポリス」を派遣するという計画を立てるなど、一部で日本食について「偏執症に近い」こだわりがあったと述懐。「食べ物のファシズムなんて笑止千万」との批判に加え、餃子、ラーメン、カツカレーといった日本特有と見なされている食べ物が、実は中国や英国の食文化の影響を受けていることについても触れている。


続いて同誌は、東京のレストランが、ロンドンとニューヨークでの数を合わせたものよりも多くのミシュラン星を獲得している現在では、こうした奇妙なこだわりは目立たなくなってきていると解説。「寿司ポリスの時代は終わった」と語る日本の調理人の声を紹介している。
 

ロンドン地下鉄スト、中止へ-両労組が合意に達する

ロンドン地下鉄の窓口閉鎖と人員削減計画をめぐり、ロンドン地下鉄(LU)と交渉を続けていた2つの労組、TSSAとRMTがともに合意に達し、本日11日夜から予定されているロンドン地下鉄48時間ストの中止を決めたと発表した。BBCが報じた。
 

ロンドン地下鉄スト、労組の一つが不参加を決定―残る一つはまだ結論に達しておらず

ロンドン地下鉄の窓口閉鎖と人員削減計画をめぐり、ロンドン地下鉄(LU)と交渉を続けている2つの労組のうち、TSSAが合意に達し、本日11日夜から予定されているロンドン地下鉄48時間ストの一時中止を決めたとBBCが報じた。TSSAは合意文書が交わされた時点で中止を正式に発表するという。
 
<< 最初 < 21 22 23 24 25 26 27 28 > 最後 >>

  • Facebook

ロンドン生活便利サイト neconote
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ