instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Fri, 19 July 2019

Frith Street W1

アクセス
underground地下鉄Tottenham Court Road / tubeLeicester Square 駅より徒歩5分

1. 脱ジャンク・フードのホット・ドッグ
Top Dog

Top Dog

ホット・ドッグと言うとジャンク・フードというイメージを持つ人も多いのでは。しかし、ここのホット・ドッグはジャンクな豪快さはそのままに、すべての素材にこだわって作られているスペシャル版。国産小麦を100%使用して石窯で焼かれたパンは柔らかく、余分なものを一切入れていない高品質の肉を使ったソーセージは弾力があり食べ応え抜群だ。キムチ入りや、豆腐ソーセージなど、変わり種も充実。

48 Frith Street W1D 4SF
Tel: 020 3019 2380
月~水 12:00-23:00 木~土 12:00-0:00
日 12:00-22:30
http://top-dog.com

*閉店しました

2. 24通りのカレー・ランチ
The Golden Oven

The Golden Oven

ソーホーというレストラン激戦区で18年間店を構えるインド料理レストラン。お勧めは「バルティ」と呼ばれる、移民によって英国風にアレンジされたカレー。あまり辛くないのが特徴だが、その中でも辛さの段階が細かく記載されているので選びやすい。また、驚きなのがカレーのランチ(6.95ポンド)。チキンかラムかベジタブルを選ぶまでは一般的だが、それぞれ8種あるルーのベースを選ぶことができる。

22 Bateman Street W1D 3AN
Tel: 020 7287 2800
12:00-14:30 / 17:30-23:30
www.goldenoven.co.uk

3. 色鮮やかなペルー料理
Ceviche Soho

Ceviche Soho

陽気なスタッフが出迎えてくれるペルー料理レストラン。ここでトライしたいのは、彩り豊かなシーフードの数々。お勧めは「ドン・セビーチェ」というシーバスを使ったマリネ風の一品だ。ブドウの蒸留酒であるペルーのお酒、ピスコもご一緒に! ただしこのお酒、アルコール度数約42% もあることをお忘れなきよう。毎月最終日曜日には、店で提供されているペルー料理を習うことができる料理教室を開催。

17 Frith Street W1D 4RG
Tel: 020 7292 2040
月~土 12:00-23:30 日 12:00-22:15
www.cevicheuk.com/soho

4. ニンニク料理でスタミナを
Bröderna Olssons

Bröderna Olssons

このレストランの特徴は、何と言ってもすべての料理にニンニクが入っていること。料理だけでなく、ニン ニク入りのウォッカやブラッディー・マリーなどもあるから驚きだ。4時間ローストしたスペアリブ「ベビー・ バック・リブ」は、味がしっかりしみ込んだ柔らかな肉がやみつきに。客席は地上階と地下にあるが、地下は ヘビー・メタルが鳴り響く、独特な空間になっている。

14 Frith Street W1D 4RD
Tel: 020 7734 9505
月~木 17:00-0:00 金・土 18:00-翌1:00
日 17:00-23:30
www.garlicandshots.com

5. ロンドンとニューヨークの融合
52 Greek Street

52 Greek Street

看板こそないが、ウインドーに並べられた柄物の服の数々で、ここが服屋であることは一目瞭然。店内はビ ンテージ・ショップとはまた違う、レトロながらもどこか新しさを感じる雰囲気だ。シャツやワンピース、T シャツは、ニューヨークで生地を買い付け、ロンドンでウェディング・ドレスを手掛けるデザイナーの手に よって作られている。体のラインを奇麗にみせるデザインが魅力。

52 Greek Street W1 4ED
Tel: 020 7287 4118
11:30-20:00

取材・写真: Ayame Mizuno

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ