instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sat, 25 May 2019

英国でも若者のセックス離れが進んでいる

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院が行った調査で、ネットフリックスやSNSなどのデジタル・コンテンツの普及が英国人、特に若者のセックス離れに拍車を掛けていることが分かった。「デーリー・ミラー」紙が伝えた。

この調査は16~44歳の男女3万4000人のを対象に行った過去の調査を分析したもの。約29パーセントが過去1カ月に性交渉がなく、これはネットフリックスなどデジタル・サービスがはびこる現代のライフ・スタイルが原因だとしている。特に低下が顕著なのが25歳以上の結婚もしくは同棲しているカップルで、性交渉が最低週1回あると応えたのは約41パーセントという結果が出た。専門家は、身体の触れ合いの欠如が健康に影響を与えるとし、国民医療サービス(NHS)も、「せめて週1」を推奨しているという。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド