ロンドンのゲストハウス
Fri, 22 February 2019

サッチャー元首相の像、イタズラ防止で地上3メートルに設置か

ロンドンに設置予定だったサッチャー元首相の像が、故郷のイングランド東部リンカンシャーのグランサムへ移転する計画があるようだが、その際台座を地上3メートルの位置にした方が良いと、地元警察からアドバイスを受けているという。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 もともとロンドンのパーラメント・スクエアに設置予定だった30万ポンド(約4300万円)相当のこの像は、2018年、反サッチャー派による破壊の恐れがあるとして設置が中止に。そのためサッチャー元首相の故郷が移転先に選ばれた。

 しかしこの街も同等の理由から、現在サッチャー元首相の業績を物語るものは、生家を示すプレートただ一つ。地元とはいえ、悲しいかな、やはり同じことを危惧した結果、カウンシルに提出されたレポートには「リンカンシャー警察は設置に反対はしてないものの、地上からある程度高さを設け、また監視しやすい位置に設置することを推奨しています」と書かれていた。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

初めての治験はHMR 海外・日本帰国 引越しガイド
キャリアコネクションズ 映画のエキストラ募集
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア