instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 27 September 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

12年前に紛失した指輪が、意外な形で戻ってきた

英南西部サマセットに在住のリン・キーチさん(69)は、12年前に無くした自身の指輪をはめた状態で育ったニンジンを自宅の庭で収穫し、思いがけない再会に歓喜した。BBCが伝えた。

 この指輪は、もともとリンさんが40歳のときに、誕生日プレゼントとして夫のデーブさん(69)から贈られたもの。その後、年月を経て指輪のサイズが合わなくなったため、娘に譲ったところ、12年ほど前に自宅の庭で落とされてしまった。以来デーブさんはその大切な指輪を探し続けたが、結局見つけることはできなかった。

 デーブさんは、指輪がはまったニンジンを自身で掘り起こしたことに全く気がつかず、ニンジンはディナーの準備をするリンさんの手に渡り、リンさんが泥を洗い流していたときに、奇跡的に発見されたという。感動の再会を果たしたリンさんだが、この指輪を娘に返してまた失くされるか、それとも自分のもとで保管するかまだ決めかねているらしい。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ