ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 28 June 2022

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

英コメディアン、ジャック・ホワイトホールがディズニー初のゲイ役に抜擢

ディズニーランドのアトラクションの一つ、ジャングル・クルーズを基にしたアドベンチャー映画「ジャングル・クルーズ」が来年公開となる。この映画には、ディズニー史上初となるゲイのキャラクターが登場。BBCのコメディ・シリーズ「バッド・エデュケーション」などに出演した、英コメディアンのジャック・ホワイトホール(30)がゲイ役に挑戦すると、「サン」紙が報じた。

 ホワイトホールは、スタンドアップ・コメディーから俳優までマルチにこなすコメディアン。今回演じるのは、本作品のヒロイン、英女優エミリー・ブラント扮するリリーの兄弟役で、性格は「おもしろく、なよなよした男性で女性に興味がない」。「ガーディアン」紙は、ストレートのホワイトホールがあえてゲイ役を演じることで、映画界におけるジェンダー問題を再考する契機になるのではと指摘している。

 主演は、アドベンチャー映画よろしく筋骨隆々とした米国人俳優、ドウェイン・ジョンソン(46)で、ホワイトホールとの関係性も気になる。現代ほどLGBTQ+に理解のない19世紀の社会を舞台に、主人公たちがどのように描かれるのか、注目が集まっている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

JFC ゆめにしき
Valuence International
londoniryo_dental バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ