instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Fri, 04 December 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

英国のスーパーで販売されている魚は腐りかけばかり?

英国の大手スーパーで販売されている魚には、漁獲後3週間が経過したものが多く紛れていることが分かった。「デーリー・メール」紙が報じた。

同紙によると、政府機関で働く専門家が水産業界で利用されている検査方法を使って、テスコ、モリソンズ、アスダ、セインズベリーズの英国内4大スーパーマーケットと独立系の魚屋で販売されているタラ、カレイ、サケの新鮮度を調査した。とりわけひどかったのが、スーパーで販売されている魚。検査を行ったサンプルの3分の1は漁獲後10日以上が経過しており、事実上腐るまであと数日という状態にあったとしている。

また同紙は、スーパーが冷凍保存を行った後で商品棚に並べられる期間を加味すると、消費者が購入した魚は、賞味期限日の時点で漁獲後3週間が経過している可能性があるとも述べている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

JSTV
バナー バナー バナー バナー

ニュースダイジェストのグリーティング・カード
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ