instagram Facebook ツイッター
バナー
Tue, 12 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

「ラマダンで断食中だから」と肉に触るのを拒否するレジの店員

 英大手スーパーのテスコで、自身がラマダンの断食中であることを理由に、イスラム教徒ではないロンドン市民が購入しようとした肉やワインを店員がレジに通すことを拒否するという事件があった。「デーリー・メール」紙が報じた。

 同紙によると、ロンドン北西部ニースデンで43歳の女性が購入しようとしたハムとワインをレジに持って行ったところ、店員はレジを通すことを拒否。イスラム教におけるラマダンの断食中はこれらの食品に触れることがタブーであると自身が見なしているためであると説明し、代わってセルフ・サービスを利用するよう求めた。女性が苦情を伝えても、同店のマネージャーはイスラム教徒の店員をかばうだけだったという。この事件が発覚した後で、テスコはこの女性に対して謝罪している。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ