instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Mon, 22 July 2019

Beak Street W1

アクセス
tube地下鉄Piccadilly Circus駅/Oxford Circus駅から徒歩5分


ロンドン・ストリート Beak Street W1 を表示

1. Flat Iron

10ポンドの極上ステーキ

Flat Iron

「とびきりおいしいステーキを誰もが楽しめるリーズナブルな値段で提供したい」と、オーナーがマーケット・ストールからスタートさせたレストラン。定番のステーキに加えて、その日のスペシャルについてもスタッフが分かりやすく説明してくれる。肉屋さんの肉切り包丁さながらの本格派ナイフで食べるステーキは、焼き加減もお好みのまま。予約を取らない人気店なので、開店と同時に飛び込もう。

17 Beak Street W1F 9RW
*予約は受け付けず
月~土 12:00-23:00 日12:00-22:30
flatironsteak.co.uk

2. John Wilkes Rifle Maker

John Wilkes Rifle Maker新しいアートを発掘しよう

オープンしているのかしていないのか、入るのに躊躇してしまう、一見、地味な佇まい。昔は銃を作る作業場だったことから「ライフルメーカー」の名を残す、モダン・アートを中心としたギャラリーなのだ。以前展示されていた、2階の窓から垂れ下がる大量の人形の髪の毛に仰天した覚えのある人も多いのでは? ソーホーの真ん中で新しい試みを、と意気込む気鋭のアーティス トたちの作品をのぞいてみよう。

79 Beak Street W1F 9SU
月~金10:00–18:00 土 12:00-18:00
Tel: 020 7439 0000/07794 629 188
www.riflemaker.org

3. Creative Bead Craft

Creative Bead Craftビギナーでも楽しめる手作りアクセ

自分だけのオリジナル・アクセサリーを作ってみたい人! 何から始めたら良いか迷ったら、こちらのビーズ・ショップを訪ねてみよう。扱う素材の豊富さだけでなく、定期に催されるレベル別ワークショップの多様さでも魅力のお店だ。日本風組み紐から繊細なワイヤーワークまで、物作りの楽しさを学ぶことができる。サイトからの予約も出来るが、まずは実際にお店に行って商品を見てみるのがお勧めだ。

1 Marshall Street W1F 9BA
月~金 9:30-17:45 土 10:30-17:45
Tel: 020 7734 1982
www.creativebeadcraft.co.uk

4. Wrapchic

Wrapchicお好みのままにカラフル・ラップ

「ラップ、ボウル、ブリトー、それともタコ?」「フィリングはどれにします? ソースは?」カウンターにはインドやメキシコ・スタイルを中心とした食材がずらりと並び、選択に次ぐ選択で迷うのもまた楽しい。「そんなに載せて大丈夫?」と心配するほどに食材をテンコ盛りにしてトルティーヤで包んでしまうスタッフたちの仕事ぶりを見ているだけでも、食欲が湧いてしまう。

*このお店は移転しました。新住所はウェブサイトをご確認ください。(下記は旧住所)

38 Beak Street W1 9RG
Tel: 07901 275 090
月~日 11:00-22:00
http://wrapchic.co.uk

5. Old Coffee House

Old Coffee House昔コーヒーハウス、今はパブ

17、18世紀には「コーヒーハウス」と呼ばれる社交場として機能していた当時の雰囲気をそのまま残すパブの一つ。薄暗い照明の下、古い真鍮のバケツやふいご、楽器などが天井から所狭しとぶら下がっているのを眺めつつ、ソーホーの喧騒からしばし逃れて落ち着くのもいい。壁を覆う装飾品の隙間には、サッカーの神様ペレのサインがひっそり飾られていたりして、エール片手に宝探し気分も味わえる。

49 Beak Street W1F 9SF
Tel: 020 7437 2197
月~土11:00-23:00 日 12:00-22:30

取材・写真: Keiko Lippard

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ