instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Wed, 11 December 2019

Upper Street N1

アクセス
tubeovergroundbrHighbury & Islington駅から徒歩5~10分

1.ロンドンで作られるレザー・バッグ
Lost Property in London

Lost Property in London

Lost Property in London「すべてがロンドン内で製造される、英国製鞄ばかりよ」とスタッフ。素材も食肉用牛の革のみを使い、一切の無駄を出さないのがポリシーだという。どんな服装にも合いそうなスッキリとしたデザインはその多くが男女兼用。小さなポーチからリュックサック、旅行鞄まで小さな店内に所狭しと並ぶ。女性向けには明るいビタミン・カラーやヒョウ柄の小ぶりなバッグがそろい、外出を楽しく演出してくれそうだ。

50 Cross Street N1 2BA
Tel: 020 7704 9064
火~土 10:00-18:00 日 12:00-17:00
http://lostpropertyoflondon.com

2.グルテン・フリーのパン & スイーツ
Beyond Bread

Origin

クロワッサン、デニッシュ、ケーキに自家製グラノーラなど、店内に並ぶこれらすべてがグルテン・フリーのパティスリー。どれもがおいしいのはもちろん、口当たりの良さが自慢だ。パンは言われなければグルテン・フリーとは分からないほど柔らかく、フィナンシェのホロリした口解けの軽さには驚くこと間違いなし。奥には庭から日の差し込む落ち着いたカフェもあり、軽食をいただくこともできる。

267 Upper Street N1 2UQ
Tel: 020 7183 3213
月~金 7:30-19:00 土 9:00-19:00 日 9:00-18:00
www.beyondbread.co.uk

3. シーフードが手軽に食べられる
Seafish

Mr. Start

英国で手軽に食べられる魚料理はフィッシュ & チップスだけではない、と気付かせてくれるカジュアルな雰囲気のシーフード専門レストラン。魚の種類の豊富さもさることながら、調理法もグリル、ロースト、フライなど様々。軽めに味付けた料理からグッとスパイシーな一品まであるので、スタッフに自分の好みを言ってお勧めを聞いてみるのも良いだろう。前菜とメインが選べるランチが特にお得だ。

このお店は閉店しました。

205 Upper Street N1 1RQ
Tel: 020 7354 0276
月~木 12:00-23:00 金・土 12:00-0:00 日 13:00-22:30
https://en-gb.facebook.com/SeaFISHUK

4. 自然の甘みいっぱいのスイーツを
Romeo’s Sugar Free Bakery

Merchants Tavern

シュガー・フリー、グルテン・フリー、デイリー・フリーなどのスイーツやキッシュ、ピザなどを提供するパティスリー & カフェ。自然の甘さを生かしたケーキやパイ、マフィンの数々は甘いものが大好きな方も満足できるに違いない。日曜日にはグルテン・フリーのパンケーキ & メイプル・シロップの朝食を求める人でにぎわう。パンを売る姉妹店が167番地にあり。

178 Upper Street N1 1RG
Tel: 07398 047 525
 月~水 9:30-21:30 木・金 9:00-22:30 土 9:00-23:30 日 9:00-21:00
http://romeossugarfreebakery.com

5. ブルガリアの伝統工芸を身近なものに
Dans Kards

The Red Door Gallery

英国ではあまり見かけることのない、ブルガリア直送のビンテージ家具やカーペット、伝統工芸品を主に扱う店。手作りの織物バッグや手染めスカーフは明るく優しい色合い。そして、透かし彫りの木製カバーがかかったノートやフォト・フレーム、手編みレース製品など、人の手で丁寧に作られた商品が数多く並ぶ。加えて地元アーティストの版画作品などもある。

Florence Tavern, 50 Florence Street N1 2DU
Tel: 020 7354 8291
火~土 10:00-18:00
www.facebook.com/Dans-Kards-Vintage-And-Handicrafts-942011399197676

取材・写真:Keiko Lippard

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ