ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 27 February 2024

メイド・イン・ブリテン Made in Britain 英国ブランドの物語

#39 セント・パンクラス・インターナショナル駅店限定の紅茶缶

フォートナム&メイソン / セント・パンクラス・ブレンド・ルース・リーフ・ティー・ティン

フォートナム&メイソン / セント・パンクラス・ブレンド・ルース・リーフ・ティー・ティン
Fortnum & Mason/St Pancras Blend Loose Leaf Tea Tin

£16.50
250g
www.fortnumandmason.com

紅茶大国の英国では、老舗ブランドの高級ラインからスーパーマーケットで気軽に購入できるものまで、実に多様な紅茶が売られている。今回は英国王室御用達デパートのフォートナム&メイソン(F&M)より、ロンドンの玄関口であるセント・パンクラス・インターナショナル駅店限定の紅茶を紹介する。

大勢の観光客で常時にぎわうF&Mは、1707年にロンドン中心部のピカデリーに誕生して以来、紅茶やビスケットなどの高品質の食品をはじめ、ティー・セットなどのテーブルウェアやキャンドルといったライフスタイル用品を販売してきた。商品はオー・ド・ニル(Eau de Nil)と呼ばれるアイコニックなブルー・グリーンを基調に展開され、訪問するたびに新しい商品との出合いが約束されている。

現在、本店のほかに国内に3店舗の支店があるが、「セント・パンクラス・ブレンド・ルース・リーフ・ティー・ティン」は同店のオンライン・ショップとセント・パンクラス・インターナショナル駅店でのみ購入できる限定品だ。薄くシックな青色を採用した缶には、職人技が光るヴィクトリアン様式の駅舎と、同駅が開業した1860年代当初のデザインに基づいて特注された店舗内の象徴的な時計がデザインされている。冒険を前にした旅行客の高揚とした気持ちを再現したこのブレンドは、1902年に当時の国王、エドワード7世のために作られた蜂蜜のように滑らかな風味のロイヤル・ブレンドを、より軽い口当たりにした一品で、ゴールデン・フラワリー・アッサムとスリランカ産の紅茶を組み合わせ香り豊かに仕上げている。少量のミルクを加え、ビスケットと共にいただくのがお勧めの楽しみ方だ。

 
  • Facebook

JapanHouse_202402 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ