MCM
Mon, 16 May 2022

英国発ニュース

英紙が日本の企業統治制度改革に厳しい目-「一定の効果があった」との評価も

「フィナンシャル・タイムズ」紙は1月26日付の社説で、日本における企業統治の改善を促す記事を掲載した。

 同紙は、機関投資家向けの行動原則「日本版スチュワードシップ・コード」の導入を始めとする一連の企業統治制度改革を受けて、上場会社では社外取締役の設置が進むなど「一定の効果があった」と評価。一方で、そうした社外取締役に親会社や取引銀行の出身者が就いているために同役の独立性が確保されていないなど、企業統治改革がまだそれほど厳格には実施されていないとの見解を示している。
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ