instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Sun, 18 April 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

国民的な体育の先生はやり手だった

初期ロックダウンのシンボルともなった、「ボディー・コーチ」のジョー・ウィックス先生。YouTubeでキッズ向けエクササイズ・クラスを行い、インスタグラムでは320万人以上のフォロワーを誇るが、このほど自身の会社「ジョー・ウィックス・グループ・リミテッド」を設立した。「サン」紙が伝えた。

ウィックス先生は、同社の唯一の株主兼取締役だが、実は「ボディーコーチ・オンライン・リミテッド」など、ほかの2社の取締役でもある。こちらの2社は、ロックダウン中の活躍で700万ポンド以上(約10億円)の価値を持つ。ある企業筋は、「これはジョー・ウィックス帝国の最新の部分であり、2021年にはさらに多く稼ぐだろう」と語った。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ