instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Sun, 18 April 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

グローブ座が立見席なしで5月に再開

新型コロナの規制緩和で、予定通りにいけば5月半ば以降、屋内外の娯楽施設が次第に利用できるようになる。それに先立ち、テムズ川沿いに立つ野外円形劇場シェイクスピアズ・グローブ(グローブ座)が、519日の劇場再開を発表した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

ステージ前の土間にある立見席がユニークなグローブ座だが、その立見席エリアに椅子を並べ、従来のシーティング・エリアは間隔を取ることで、全席500席という通常の3分の1の観客数にするそう。再開の第1弾は「真夏の夜の夢」とのこと。

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ