instagram Facebook ツイッター
バナー
Sun, 20 October 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ボリス・ジョンソンを殴れるジムがある

英国は2019年3月に欧州連合(EU)を離脱する「ブレグジット」を控えているが、その交渉は難航しているのが現状だ。ロンドンに展開するフィットネス・チェーン、「ジムボックス」のビクトリア店は17日、ブレグジットに対するフラストレーションを解消するユニークなクラス、その名も「ブレグフィット」を新設した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 このクラスは30分のなかで、EU離脱強行派のボリス・ジョンソン前外相の顔が貼られたサンドバッグを殴る、EU懐疑派のジェーコブ・リースモグ下院議員がプリントされたログ・リフトの押し上げ、メイ首相の顔が付いた麻袋に足を入れジャンプするなど、会員のブレグジットに対する怒りを和らげることを目的に、高強度トレーニングを取り入れたハードな運動内容となっている。

 また、この「ブレグフィット」がタフすぎると感じる人のために、EU残留派だったデービッド・キャメロン前首相の辞任にちなみ、休みをとるための「quitter’s corner(クイッターズ・コーナー)」まで設けられているらしい。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ