instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sat, 24 August 2019

ついに猛暑がやってきた ロンドンの屋外プールに行こう

蒸し暑い日本を脱出したにも関わらず、意外や暑い日が続く英国。特に今年の英国は猛暑になることが予想されており、汗ばむほどの陽気はまだまだ続く見込みだ。電車やオフィスに冷房機能が取り付けられていないことの多いロンドンで、夏の涼しさを味わおうと思ったら、そう、プールしかない!そこで今週は、ロンドン市内にある編集部お勧めの野外プールをご紹介。今年はロンドンの夏を思いきり満喫しよう。

ロンドン屋外プールの地図

ロンドン北部住民の憩いの場  フィンチリー・リド

Finchley Lido Leisure Centre

大きな建物の中に、プール、フィットネス・センター、ボーリング場、シネマ・コンプレックス、レストランといった施設が詰まっている。大きな駐車場に加えて、カフェや託児所も設置されているので、家族連れにも最適。1948年のロンドン五輪では、水上ポロの会場としても使われた。さらには、同性愛者のためのヌーディスト・イベントを英国で最初に実施したプールという意外な歴史も持っている。野外プールのスペース自体はあまり大きくないが、ロンドン北部の住民にとっての憩いの場として愛されている。

Finchley Lido Leisure Centre
住所 Unit 4, Great North Leisure Park,
Chaplin Square North Finchley, London N12 0GL
Tel 020 8343 9830
Web www.gll.org/centre/finchley-lido-leisure-centre.asp
最寄駅 East Finchley
期間 9月1日まで(以降は週末のみ)
オープン時間 10:00-16:00
料金 大人£5.30、子供£3.20(5歳以下無料)

英国最大の巨大プール   トゥーティング・ベック

Tooting Bec

長さ90メートル、幅30メートル、そして水量は100万ガロン(約450万リットル)と、英国とアイルランド合わせて最大規模を誇る屋外プール。もともとは失業対策のために始められた公共事業として、ワンズワース地区が莫大な資金を注ぎ込んで建設した自慢の市民プールなのだ。赤・黄・緑の3色で彩られた外装が印象的なために、テレビ・ドラマやCM撮影にもよく利用されていて、英国人監督ガイ・リッチーが手掛けた映画「スナッチ」で、ブラッド・ピットがボクシングを披露するシーンが撮影されたことでも有名。

Tooting Bec
住所 Tooting Bec Road, London SW16 1RU
Tel 020 8871 7198
Web www.wandsworth.gov.uk/Home/
最寄駅 East Finchley
期間 9月末まで
オープン時間 6:00-20:00(9月は 6:00-17:00)
料金 大人£4.75、子供£3.50

野性味溢れる天然プール   ハムステッド・ヒース

Hampstead Heath

ロンドン北西部にある広大な公園、ハムステッド・ヒースにある天然の池。男性専用、女性専用、男女共用の3種類があり、男女共用は周囲の通行人が見られるような位置に遊泳スペースが作られている。意外なことに足が届かないほどの水深があるため、ここでは泳ぐというよりも、浸かったり、浮かんだりするのが小粋な楽しみ方。もともとは飲料水用の貯水池だったと言われるこの池の歴史も、今は昔。水面は若干濁り、魚や植物も共存する、なかなかに野生味の溢れたプールとなっている。

Hampstead Heath
住所 London NW5
Tel 020 7332 3773
Web www.cityoflondon.gov.uk/hampstead
最寄駅 Hampstead / Belsize Park
期間 9月20日まで(冬期は別スケジュール)
オープン時間 日によって異なる
料金 大人£2、割引£1

こんなところでも泳げます  サーペンタイン・リド

The Serpentine Lido

ロンドン市内ハイド・パークにある人口湖、サーペンタイン。夏ともなればボートを漕ぐ人々で賑わうこの湖には、実は遊泳スペースが設けられている。湖の南側に設置された子供用のプールから続く橋を渡ると、遊泳用に区切られた湖の一角に到着。ここで堂々と泳ぐことができるのだ。端の方に藻が浮かんでいたり、時たま遠くでボートを漕いでいる人 と目が合ったりするのはご愛嬌。冬には寒中水泳のメッカにもなるという、ロンドンの中心にして穴場的な趣を持つ「プール」である。

The Serpentine Lido
住所 Hyde Park, London W2
Tel 020 7706 3422
Web www.serpentinelido.com
最寄駅 Hyde Park Corner
期間 9月まで
オープン時間 10:00-18:00
料金 £3.50

ここから見下ろす景色は最高 パーラメント・ヒル・リド

Parliament Hill Lido

上記のハムステッド・ヒースの天然池から歩いて少しのところにある野外プール。1930年代に建てられ、現在はロンドンの文化財に指定されているというその建築様式もさることながら、ハムステッド・ヒースのてっぺんに位置するこのプールからの見晴らしは、開放感に満ちていて実に素晴らしい。長さ60メートル、幅28メートルという広々スペースでは、込み合う時間さえ避ければ本格的に泳ぐことも可能。ロンドンの街を眼下に、自然に囲まれ思い切り体を動かせば、日常の疲れもふっとぶはず。

Parliament Hill Lido
住所 Parliament Hill Fields, Gordon House Road
London NW5 1QR
Tel 020 7485 5757
Web www.cityoflondon.gov.uk/ hampstead
最寄駅 Gospel Oak
期間 9月20日まで (冬期は別スケジュール)
オープン時間 7:00-9:00、10:00-18:00、
大人のみ月、木、金 18:45-20:00
料金 £4.30、割引£2.70 (朝、夜は大人£2、割引£1)

改修工事で美しく生まれ変わった  ブロックウェル・リド

Brockwell Park Lido

ロンドン南部で最も人気のあるプールがここ。かつて財政支援を行っていた会社名から取った「エビアン・リド」、または地域一帯の名前にちなんで「ブリクストン・リド」などといった愛称で呼ばれることもある。1937年設営という長い歴史を持ち、近年になって新たに300万ポンド(約4億7600万円)もの資金が注入されての大型補修工事が行われた。新しく生まれ変わった同施設にはヨガやピラティスのレッスンを行うスペースも併設されていて、清潔かつ美しい近代的なプール施設として評判を呼んでいる。

Brockwell Park Lido
住所 Brockwell Park, Dulwich Road London SE24 0PA
Tel 020 7274 3088
Web www.brockwell-lido.co.uk
最寄駅 Brixton
期間 9月まで
オープン時間 月~金 6:30-20:00、土日 10:00-18:00(8月)
月~金 6:30-10:00 16:00-20:00
土日祝日 10:00-18:00(9月)
料金 大人£5.20、 子供£3.10(5歳以下無料)、
朝 £2.60 / 2.05、 夜£3 / 2.50
「リド」って何?
イタリアのベネチアに位置するリゾート地、リド島が語源。19世紀には人気のビーチ・リゾートが「リド」と呼ばれるようになり、ヨーロッパでは「野外の公共プール、またはビーチの一部で、太陽の下で泳げる場所」という意味で使われている。英国では1930年代に地方自治体のレクリエーション施設として人気を博し、全国に169のリドが建設されたが、その後衰退。一時は50前後まで減少したが、2006年には一旦閉鎖していたロンドン・フィールズ・リドが住民の要望により復活、翌07年にはウォーセスターシャー州のドロイトウィッチ・スパ・リドも運営を再開するなど、今また新たに注目を集めている。

まだまだある!その他の野外プール

  • Oasis Sports Centre
    32 Endell Street, London WC2H 9AG
    Tel: 020 7831 1804
    最寄駅: Covent Garden
  • London Fields Lido
    London Fields Westside, Hackney, London E8 3EU
    Tel: 020 7254 9038
    最寄駅: London Fields / Hackney Central(Rail)
  • Park Road Lido
    Park Road, Hornsey, London N8 8JN
    Tel: 020 8341 3567
    最寄駅: Highgate
  • Pools on the Park
    Twickenham Road, Richmond upon Thames London TW9 2SF
    Tel: 020 8940 0561
    最寄駅: Richmond

※本記事に記載されている営業時間や料金は、変更される場合があります。お出掛けの前にご確認ください。

プールだけじゃないロンドンの涼み方

冷やす

アブソリュート・アイス・バー

名前の通り、壁からテーブル、グラスに至るまでが氷でできたバー。防寒具を手渡されて中に入れば、制限時間の40分間を待たずとも体はすぐに冷えきってしまうはず。室内は常にマイナス5度に維持。スウェーデン北部のトルネ川で取った氷のみを使い、6カ月ごとに模様替えを行うという徹底ぶりだ。

Absolute Ice BarAbsolut Ice Bar
31-33 Heddon Street, Mayfair
London W1B 4BN
Tel: 020 7478 8910
www.belowzerolondon.com
最寄駅: Oxford Circus / Piccadilly Circus

クルーズする

テムズ河クルーズ

テムズ河の水面を走る船に乗れば、気分も爽快。手軽な価格でウエストミンスターからハンプトン・コートまでの道のりを3時間半かけて行くコースから、豪華なディナー・クルーズまで、様々な会社が多様なコースを提供している。

テムズ河クルーズWestminster Passenger Service Association
(ハンプトン・コート行き)
Tel: 020 7930 2062
www.wpsa.co.uk

BATEAUX LONDON
(ディナー・クルーズ)
Tel: 020 7695 1800
www.bateauxlondon.com

お化けと出会う

パサへ・デル・テラー

スペインやメキシコ、米国など世界各国で人気のホラー・アトラクションが、ロンドン中心部、ピカデリー・サーカスのトロカデロに登場。「エクソシスト」「エルム街の悪夢」など人気ホラー映画をモチーフにした空間で、背筋も凍る恐怖のひとときを味わおう。

Pasaje del TerrorPasaje del Terror
Trocadero Centre
13 Coventry Street London W1D 7DH
Tel: 020 7494 1652 www.pasajedelterror.com
最寄駅: Piccadilly Circus

★ 今なら 2 for 1!
正規料金: 一人£19.95 本誌記事持参のこと - 7月31日まで

滑る

クイーンズ・アイス・ボール

夏でも楽しめる、縦45メートルの長さを持つアイス・スケート場。有名人がフィギュア・スケートに挑戦する人気テレビ番組「Dancing on Ice」の出場者たちの練習場として利用されたことでも知られている。週末の夜には「スケート・ディスコ」と題されたイベントを開催、ボーリング場も併設している。

Queen’s Ice BowlQueen’s Ice Bowl
17 Queensway, Bayswater
London W2 4QP
Tel: 020 7229 0172
www.queensiceandbowl.co.uk
最寄駅: Queensway / Bayswater

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ