instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Mon, 22 July 2019

ナロー・ボートで往くストラトフォード・アポン・エイボン

産業革命時代に交通手段として使われていたナロー・ボート。
ストラトフォード・アポン・エイボンの牧歌的な景色を船上から眺めつつ、ボートの操縦やロック(閘門)の開閉に挑戦できる数時間のショート・クルーズに参加してみた。
*画像をクリックすると拡大します


7船を探検

7船を操縦&景色を堪能

7食事に舌鼓

About Narrowboat Guide

今回参加したのは、ストラトフォード・アポン・エイボン近郊で約15年にわたりナロー・ボート運営をしているというアンディーさん、淳子さんのブラウン夫妻が経営を行う「Narrowboat Guide」。ときに河岸を散歩し、ときにお2人からナロー・ボートの歴史や面白エピソードをうかがいつつ紅茶やコーヒーを味わう船旅は、のんびりゆったりしているのにあっという間に時間が過ぎてしまう。街の観光と併せてショート・クルーズを楽しむも良し、宿泊コースで地元のパブの夕食を楽しみながら船上で一夜を過ごすも良し。古き良きイングランドの水辺の生活を、ここストラトフォード・アポン・エイボンで垣間見てみては?

今回利用したコース

ショート・クルーズ(軽食付き)
12時30分:Wilmcote駅(Stratford-upon-Avon駅から2駅)より出発
15時30分:Wilmcote駅にて解散
*出発 / 解散場所はその都度異なるので要確認

このほか、1泊2日~10泊11日まで様々なコースあり。
料金は1人115ポンドから(利用人数、宿泊日数により変わるため要問い合わせ)。
定員4名。
Tel: 07899 998 334(日本語可)
Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
www.narrowboatguide.co.uk
*ボート上のインターネットの都合により、返信に数日かかることがあります


 

ストラトフォード・アポン・エイボンにお泊まりの際は
ムーンレイカー・ハウス Moonraker House

純英国スタイルに日本人ならではの心配り
駅から徒歩約5分という便利な立地が人気の4ツ星のゲスト・ハウス。

シェイクスピアの戯曲に出てくる登場人物の名が付けられたゲスト・ルームは、部屋ごとに雰囲気の異なるインテリアが特徴。青色で統一された「オーベロン」や、天蓋付きベッドがロマンティックな「ティタニア」など、ウェブサイトで写真を見ながら自分のイメージに合う部屋を選んでみよう。

地元産の食材にこだわった朝食は、ボリュームたっぷりなのに油控えめでさっぱりいただける。オーナーの大畑さんは、観光地はもちろん、景色の美しい散歩道や食情報にも通じているストラトフォード・アポン・エイボンの達人。大畑さんのアドバイスを基に街散策をすれば、より一層充実した旅を楽しめること間違いなしだ。

*画像をクリックすると拡大します

INFORMATION

宿泊料金
シングル:50ポンド〜、ツイン / ダブル:72〜88ポンド
ファミリー:95ポンド〜
*朝食込み、長期滞在割引あり

40 Alcester Road, Stratford-upon-Avon CV37 9DB
Tel: 01789 268774
Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
www.moonrakerhouse.com

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ