instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 22 October 2019

カミングアウトしたゲイたち

異文化を温かく受け入れると評判の英国。その土壌を生かして、日本ではまだまだ社会的な市民権を得ていない感のある同性愛者も英国社会には溶け込んでいるように思える。ところがこの国においても同性愛者に対する偏見や差別は根強く残っており、各界の第一線で活躍する著名人たちをも悩ませているという。英国で苦闘する同性愛者たちの姿を紹介しよう。(本誌編集部: 長野雅俊)

サイモン・ヒューズ 政治家

ゲイと戦い、ゲイを助ける
Simon Hughes
サイモン・ヒューズ


チェシャー出身、57歳

かつて自身が所属する自由民主党の党首やロンドン市長候補となり、現在も同党の影の下院院内総務を務めるほどの実力者。そして彼ほど、同性愛者としての自分自身を意識させられることになった政治家はいないだろう。

1983年にロンドン南部バーモンジー地区の補欠選挙に立候補。ここで、同性愛者のための権利団体で活動する労働党の候補者と争うことになった。同性愛者への理解が現在よりもずっと浅かった当時の時代を背景として、自身が属する自民党はこの対立候補の性癖を批判的に取り上げるキャンペーンを展開。その結果、ヒューズ氏は見事に当選を果たした。

ところが自民党の党首選に立候補した2006年、彼自身が同性愛者であるとの疑惑が報じられる。当初は否定するも、タブロイド紙の攻勢に屈服してバイセクシャルであることを認め、20年以上前に行われた補欠選挙での選挙活動について謝罪した。

この頃から、彼にはよりリベラルなイメージが定着。同年の暮れには、難民申請が却下された同性愛者のイラン人男性に下された強制送還の決定を覆すために尽力した。この男性の恋人が既に同性愛を理由に本国で死刑執行されており、彼の生命の安全を確保するための措置だったという。現在では1983年の選挙時の対立候補も、彼の政治活動を評価している。

ジョン・アミーチ スポーツ選手

米国のスポーツ界に一石投じる
John Amaechi
ジョン・アミーチ


ストックポート出身、37歳

身長208センチ、体重122キロという恵まれた体格を生かし、英国の出身者としては珍しい、米国におけるバスケットボールのプロ・リーグであるNBAで活躍したアスリート。そして今では、同性愛者であることを認めた初めてのNBA選手としても知られている。

2007年にテレビ番組のインタビューにて、自身が同性愛者であることを公表。ところが欧州よりも同性愛者に対する反発がさらに強い米国、しかも巨漢たちがしのぎを削り合うバスケットボールの世界では、この発言が大きな論議を巻き起こした。現地のメディアでは、元チームメイトやかつてライバルだった現役の一流選手たちが「彼をチームメイトとして信用できるか」「同性愛者の選手と更衣室を共有するべきか」といったことについて、それぞれの見解を述べるという事態にまで至った、一大事件となったのだ。

現役時代の彼が、チーム関係者たちから抜群の信頼を集めていただけに衝撃も大きかったのだろう。優勝候補のチームから1700万ドル(約18億円)の年俸で移籍を打診されるもそれを拒否。その1割に満たない金額60万ドルで契約していた、自分を育ててくれたチームに残って恩返しを誓った日のことは、今でも地元ファンの間で語り草になっていると いう。

現在はスポーツ中継の解説者や、企業コンサルタントとして活動している。

ブライアン・パディック 警察官

悩んだ末に女性と結婚
Brian Paddick
ブライアン・パディック


ロンドン出身、50歳

5月に実施されたロンドン市長選に自民党から出馬したのがいまだ記憶に新しい、元警察官。しかも、かつてはロンドンの全地域を統括する立場に属していた上級警察官であった。

オックスフォード大学で学士、ケンブリッジ大学で修士の学位を取得し、ロンドン警視庁に入った後はまさにとんとん拍子で昇級の階段を駆け上っていった。ところが、2006年のロンドン同時多発テロ事件直後に発生したブラジル人青年誤射事件が人生の分かれ目に。公式見解と異なり、警察側が誤射を事件直後から認識していたとの趣旨の発言をしたために、事実上の左遷を受ける。これがきっかけとなって警察庁を退職した。

幼い頃から同性愛者としての自覚があったにも関わらず、女性との結婚経験もあり。基本的に同性愛を禁じていると見なされているキリスト教徒としての立場、両親の不理解を恐れる気持ち、そして警察幹部としての責任を鑑みて「正しいことをしたい」と考えた末の苦渋の決断だったという。後になって、「婚姻中は自分の性について大いに悩んだ」と 振り返っている。

結局、結婚は破綻し、現在はリゾート地として有名なイビザ島のバーで出会った男性パートナーと同居中。また国内のビジネス・スクールにて、特別研究員としてリーダーシップなどをテーマにした講義を行っている。

イワン・マッソウ ビジネスマン

ゲイのための保険商品を開発
Ivan Massow
イワン・マッソウ


出身地不明、41歳

起業家、現代芸術協会(ICA)ギャラリーの元会長、保守党員など多彩な顔を持つビジネスマン。

つい10年ほど前まで、同性愛者は「HIVウイルスに感染している恐れがある」などといった偏見を理由として、通常の4~6倍の保険料を納めた上で、これまでのパートナーの数など私生活の詳細を報告しなければ生命保険には加入できなかった。そこで既に保険業界でのキャリアを築いていた彼は、同性愛者も通常の保険料と手続きのみで利用できる保険制度を確立。同業界のシェアの4分の1を占めるまでの成功を収めた。

異文化には比較的厳しい政策を取る傾向のある保守党の党員としても活動し、同性愛者のための権利拡張に尽力。金融街シティでの成功と、生まれつきの甘いマスクも手伝って、その後はテレビや雑誌に登場して一躍時の人になった。ただその裏側では、同性愛者であることを公表後に生みの親から名前の変更を促されたり、自身の恋人である男性が自殺してしまったりするなど、私生活においては大きな精神的負担を受けていた。

2002年にICA本部を批判した発言が問題になって会長職を辞任。2007年には、自身の地位を確立した保険会社が倒産する憂き目に遇った。その後、公的な場には一切登場しなくなったが、現在はスペインのバルセロナで隠居生活を送っていると伝えられている。

ジェフリー・ジョン 聖職者

聖職者のタブーに立ち向かう
Jeffrey John
ジェフリー・ジョン


ウェールズ出身、55歳

同性愛はタブーとの見方が支配的なキリスト教関係者としては極めて稀な、同性愛者として初めて英国国教会の主教に任命された聖職者。

オックスフォード大学卒。外国語や神学を学びながら、若かりし頃から同性愛者のための権利保護運動に携わってきたと言われている。これが教会関係者からの反感を買い、自身が犯した「過ち」を悔い改めるよう再三にわたって説得されたという。

2003年にイングランド中部レディング地区の主教に任命されるも、英国国教会全体から非難が巻き起こった挙句に、この決定を尊重するか否かをめぐって同教会全体が分裂するかもしれないという危機に直面する。結局、最高責任者であるローワン・ウィリアムズ・カンタベリー大主教の意向を受けて、ジョン氏はこのポストへの就任を自ら拒否。ところがこの不透明な経緯に対しても論議が勃発したために、今度はトニー・ブレア首相(当時)が本件に介入することになり、他の教会に対する権限が著しく制限されている、 地方監督の地位に就任することで事態は沈静化した。

強固な反対に遭いながらも、「人間の罪は、既に神によって悔い改められている」と主張し、同性愛者として生きる権利を訴え続けるジョン氏。2006年には同じく聖職者である男性と市民パートナーシップ(同性同士に結婚と同等の権利を与える制度)を結んでいる。

イアン・マッケラン 演劇俳優

最も尊敬される同性愛者
Ian Mackellen
イアン・マッケラン


ランカシャー出身、69歳

映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場する魔法使いガンダルフ役、舞台版「アマデウス」で天才モーツァルトと対峙するサリエリ役など、どの役を演じても強烈な個性が光る英国人役者。アカデミー賞のノミネート2回、全米劇場プロデューサー連盟が主催するトニー賞受賞といった、役者としての輝かしい経歴を誇る。

マッケラン氏は、同性愛者の権利保護を目的とする運動家としての顔も持っている。1988年にBBCのラジオ番組にて、自身が同性愛者であることを初めて告白。そして当時、議論の的となっていた同性愛の喧伝を禁ずる地方議会の条項「セクション28」に反対を表明した。この条項の成立に賛意を示していたマイケル・ハワード保守党議員が、彼の子供のために、とサインを求めたときに「Fuck off, I’m gay(俺はゲイだ、消え失せろ)」と書いた紙を手渡したとの逸話が残っている。

その後も同性愛者の権利を訴える様々な団体の活動に参加。今では国内の代表的な存在となった権利団体「Stonewall」の設立にも関わった。

英国における同性愛者の地位の確立は、マッケラン氏の尽力によるものと評価する声も多い。こういった功績を評価され、2006年に「インディペンデント」紙が発表した英国内の同性愛者の有力者ランキングでは堂々の1位。今、英国で最も尊敬される同性愛者である。

マット・ルーカス コメディアン

市民パートナーシップ破綻第1号
Matt Lucas
マット・ルーカス


ロンドン出身、34歳

BBC1の人気シリーズ「リトル・ブリテン」の出演で有名なコメディアン。自身が同性愛者でありながら、同番組においてはウェールズの小さな村に住む、同性愛者を嫌悪する同性愛者の役を熱演。このキャラクターが着用する過激な衣装に対してはBBCにたくさんの抗議が寄せられる一方で、彼の決め台詞「I am the only gay in the village」が流行語になるほどの注目を集めた。

私生活においては、脱毛症のために6歳ですべての頭髪を失う。さらに同性愛者であるがために、自身と他者との関わり方に悩むなど、深いコンプレックスを抱えながら生きてきたとインタビューで語っている。

2006年には、男性の恋人と市民パートナーシップを結んだ。「アラジンと魔法のランプ」をテーマとした衣装を着ての「結婚式」が話題になったが、今年6月になってからこのパートナーシップを解消したことを発表。同制度が2006年に発足して以来、著名人としては初めての破綻となったために、メディアはこの顛末を大きく報道した。また同パートナーシップ解消をめぐっては、ダイアナ元妃やポール・マッカートニーの元妻、へザー・ミルズさんが利用した顧問弁護士に相談していることが伝えられており、今後も引き続き彼の「離婚騒動」に注目が集まることが予想される。

フレディ・マーキュリー ミュージシャン

伝説の同性愛者
Freddie Mercury
フレディ・マーキュリー


タンザニア出身、故人

70~80年代の英国を席巻したロック・バンド、「クイーン」のボーカル。「We Will Rock You」「Bohemian Rhapsody」といった、後世まで残る名曲を残した。

英国領だったタンザニアのザンジバル島に生まれる。現地で内乱が発生したために、家族揃って渡英。学生時代にロンドンにて本格的なバンド活動を開始し、デビュー後は度々お忍びで来日するなど、日本びいきとしても知られていた。

元々、マーキュリー氏にはメアリー・オースティンという名の女性の存在がファンたちの間では恋人として認知されていたが、いつしか彼とレコード会社で経営陣として働く男性との関係についての噂が流れるようになる。これをきっかけに彼の同性愛者としての側面が取り沙汰されるようになり、この男性との関係を終えた後も、ゲイ・バーやクラブなどのスポットに頻繁に出没する姿が見られるようになった。一方で、メアリーという名の女性との友人関係も長きにわたって継続。彼女に捧げた歌も残していることから、バイセクシャルであった可能性が高いと伝えられている。

80年代後半になり、理髪師として働く当時の男性パートナーと共にエイズに感染し、これが原因となって45歳の若さで病死した。その死に様が衝撃的だったがために、現在でもロック界の金字塔として君臨している。


数字で見る英国のゲイ
6% 英国の全人口の中に同性愛者が占める割合 6%
8728件 市民パートナーシップの登録件数 (2007年度)8728件
25% 同パートナーシップの全登録件数の中でロンドン在住者が占める割合 25%
42歳 同パートナーシップに登録した同性愛者たちの平均年齢 42歳


ショービジネス界のゲイたち

上で紹介した人物たちに限らず、ショー・ビジネスに携わる者の中には同性愛者が数多く存在する。ここでは、そんな彼らが築き上げた「ゲイ・カルチャー」に象徴される華やかな側面とともに、先日ロンドン市内でパレードが開催された「プライド・ロンドン」の一幕をご紹介。

Elton JohnElton John エルトン・ジョン
ミドルセックス出身、61歳

「ユア・ソング」などの歌で知られる。かつてはドイツ人の女性と結婚していたバイセクシャルだが、2005年に男性の恋人と結婚してからは同性愛者たちの間で英雄的な存在となった。

Boy GerogeBoy George ボーイ・ジョージ
ロンドン出身、47歳

「ニュー・ロマンティック」と呼ばれる、80年代の英国で支持を集めた音楽ジャンルの象徴的な存在として君臨したバンド、「カルチャー・クラブ」のボーカリスト。コカイン所持などでの逮捕歴がある。

Geroge MichaelGeorge Michael ジョージ・マイケル
ロンドン出身、45歳

「ラスト・クリスマス」などのヒット曲で有名なポップ・グループの「ワム!」で一世を風靡した歌手。米国ロサンゼルスの公衆便所にて、男性相手に取っていた行動が公衆わいせつ罪と見なされ逮捕されたことがある。

Will YoungWill Young ウィル・ヤング
バークシャー出身、29歳

オーディション番組「Pop Idol」で優勝、歌手デビューを果たした。人気沸騰中に、「自分自身のあり方について誇りを持っている」との言葉と共に同性愛者であることを告白。

Darren BrownDarren Brown ダレン・ブラウン
ロンドン出身、37歳

ロシアン・ルーレットなどのお馴染みのテクニックから目の錯覚を利用した幻覚マジックまでを扱うマジシャン。自身のウェブサイト上で自身が同性愛者であると記述している。

Stephen FryStephen Fry スティーブン・フライ
ロンドン生まれ、50歳

コメディアン、小説家、テレビ司会者と、様々なジャンルで活躍するマルチ・タレント。全寮制のパブリック・スクールに通った青年期には、自身の性向について大いに悩んだという。

Simon AmstellSimon Amstell サイモン・アムステル
ロンドン出身、28歳

BBC2で放映中の人気バラエティ番組「Never Mind the Buzzcock」の司会でお馴染みのコメディアン。シュールなセンスが特徴的な彼にとって、同性愛も得意なネタの一つとなっている。

Graham NortonGraham Norton グラハム・ノートン
ダブリン出身、45歳

BBCやChannel4といった英国のテレビ局の看板番組に頻繁に登場するテレビ司会者。自身が同性愛者であることをよくネタとして使う。かつては「ミスターUK」とも交際していた。


Pride London
同性愛者を対象としたものの中では、英国最大のイベント。アートや音楽、討論会などを通じて、同性愛者たちが平等な機会を確保し、また社会が彼らを受け入れることができるような、多様な文化を築き上げるように促すことを目的としている。世界各地で開催されており、ロンドンでは今年で5回目。7月5日にはその集大成ともなるパレードがロンドン中心部で開かれ、今年は総勢80万人以上が参加した。
Parade
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ