instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 11 November 2019

欧州のクリスマス・マーケットを訪れよう - イギリス

フランスやドイツといった欧州大陸のクリスマス・マーケットに比べて、英国のそれは地域に根付いた文化というよりも、大陸からの贈り物といった色合いが濃い。まるでサンタクロースがプレゼントを運んできたかのように、買い物客たちは海を隔てた遠い国から運ばれてきた、珍しい品物の数々に目を輝かす。飲食物であれば試しに味見して、ちょっとした見聞を広げるのも楽しみ方。そうしてクリスマスという家族揃って過ごす稀有な時間のために、着々と準備を整えていくのだ。 温かな幸せがたっぷりと詰まった、英国のマーケットにも出掛けてみよう。

リンカーン・クリスマス・マーケット
Lincoln Chirstmas Market

リンカーン・クリスマス・マーケット

欧州大陸の魔法を鮮やかに再現
15年ほど前のこと、イングランド中央部リンカーン地区の議員たちが、ドイツの姉妹都市ノイシュタットを視察に訪れた。彼らはそこで、「クリスマス・マーケット」と呼ばれる現地の人々を包む魔法に取りつかれた……。彼らは英国に帰国後、大陸に追いつき追い越せとそのマーケットを地元でも再現。その後も拡大を続け、今では毎年20万人が訪れるようになったマーケットの物語は、今でも市民の間で語り継がれている。大陸で生れたクリスマス・スピリットは、こんなところにも生きているのだ。

大聖堂周辺
鉄道リンカーン駅から徒歩15分
Tel: 01522 873256
www.lincoln.gov.uk

リビング・クラフツ・フォー・クリスマス - ブレナム宮殿
Living Crafts for Christmas - Blenheim Palace

ブレナム宮殿

貴族が眺めた冬の景色
18世紀初頭のスペイン継承戦争で活躍したマールバラ公が、アン女王から褒美として授かったという大邸宅、ブレナム宮殿。彼の子孫であるウィンストン・チャーチル元首相の生家としても名高く、世界遺産にも登録 されている。そんな歴史からか、毎年冬頃になると当時の貴族が過ごした冬の風景を再現するため、銅器や美しき水晶が宮殿を彩っている。マーケットでは英国随一の工芸品が売られており、古き良き、そして冷たくも温かき英国の冬を堪能できることだろう。地元市民が誇る自慢のハチミツもお試しあれ。

ブレナム宮殿
鉄道オックスフォード駅からバスで30分
料金:大人£6~、子ども£2~
Tel: 023 9286 3871
www.livingcrafts.co.uk
www.blenheimpalace.com

トラディショナル・ジャーマン・クリスマス・マーケット - エディンバラ
Traditional German Christmas Market - Edinburgh

エディンバラ

お祭りの街でとっておきの時間を
夏の間に行われる、世界最大のフェスティバルの開催地として有名なエディンバラ。実はクリスマス前から新年にかけての期間にも、この街は輝 き続けている。11月24日から始まるライトアップでは街全体を光の衣装に包み、12月になればトナカイが街にやってきて、サンタへと願いを届ける専用郵便ポストが設置される。マーケットには本場ドイツから海を渡ってきた屋台が雰囲気を盛り立て、その賑わいは英国一という新年祝いの日まで続く。催しごとがいっぱい詰まった、お祭りの街で過ごす冬を味わいたい。

イースト・プリンセス・ストリート・ガーデン・アリーナ
ウェーバリー駅から徒歩5分
Tel: 0131 529 3914
www.edinburghschristmas.com

バース・クリスマス・マーケット
Bath Christmas Market

温泉街で過ごすクリスマス
バース・クリスマス・マーケットローマ時代の温泉街として有名なバースにも、もちろんクリスマスはやってくる。 2001年から始まったという、街の名物である大浴場の前に広がる自慢のマーケットには、手作り感に溢れた123のストールが並んでいる。その反対側に立つ大聖堂には荘厳な光が反射しており、この景色だけでも一見の価値はあり、またこの辺りは観光地として名高いだけあって、スパなどのほかにもあらゆる種類の娯楽施設が充実している。 古き伝統と現代の利便性が混在するこの街で、体の中からも外からも温もりを味わうことができるだろう。

大浴場前
鉄道バース・スパ駅から徒歩5分
Tel: 01225 477223
www.bathchristmasmarket.co.uk

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ