instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Mon, 11 November 2019

欧州のクリスマス・マーケットを訪れよう - ドイツ

クリスマス・マーケットの始まりは、17世紀のドイツだといわれる。キリスト教国にとって1年中で最も大切な行事、クリスマス。その日に備えて必要なものを人々が広場に持ち寄って、交換したのがクリスマス・マーケットの起源だ。クリスマス・ツリーにするもみの木、温かい光を放つろうそく、子どもたちのプレゼントとなる木のおもちゃ、香辛料の入った焼き菓子、体が芯から温まるグリュー・ワイン……。長い年月を経て今に受け継がれるクリスマス・マーケットには、寒さが厳しく暗い冬を少しでも快適に、明るく楽しく過ごしたいという人々の願いと工夫が込められている。

ドレスデン・シュトリーツェル・マーケット
Dresdner Striezelmarkt

ドレスデン・シュトリーツェル・マーケット - ドレスデン

クリスマス・マーケットのルーツを訪ねて
ドレスデンのクリスマス・マーケットは、今年で571回目を迎える。1434年に始まったというマーケットは、ドイツで最古と評判だ。高さ14メートルの世界一大きなクリスマス・ピラミッドが立つ広場は、くるみ割り人形やパイプをふかす人形(ラオホメンヒェン)などエルツ山地の伝 統的な木のおもちゃをずらりと並べた店、キラキラ輝くガラス細工の店、グリュー・ワインや焼 き栗を売る露店などでぎっしりと埋まる。忘れてはならないのが、ドイツのクリスマス菓子シュ トレンの原型で、同マーケットの名前にもなっている名物シュトリーツェル。12月4日には、市 内のベーカリーが共同で焼き上げる、重さ3トンの巨大なシュトリーツェルが町にお目見えする。

アルトマルクト広場周辺
鉄道ドレスデン駅から徒歩約15分
Tel: 0049 (0)351 491920
www.besuchen-sie-dresden.de

リューベック・クリスマス・マーケット
Lubecker Weihnachtsmarkt

リューベック・クリスマス・マーケット

グリム童話をクリッペで紹介
ユネスコの世界遺産に指定されている北ドイツの町リューベックは、かつて商業都市として栄えたことから「ハンザの女王」とも呼ばれ、中世の面影を今なお色濃く残している。ここの旧市街がこの時期、普段よりも一段とロマンチックな雰囲気に包まれ、マリーエン教会周辺には「赤ずきんちゃん」などでお馴染みのグリム童話約40話をクリッペで紹介する「メルヘンの森」が登場する。当地が元祖という、アーモンド粉をこねた砂糖菓子マルチパンもぜひ味わいたい。

市庁舎前広場、マリーエン教会周辺
鉄道リューベック駅から徒歩約10分
Tel: 0049 (0)451 4091 903
www.luebeck-tourismus.de

モンシャウ・クリスマス・マーケット
Weihnachtsmarkt in Monschau

谷間の木組みの家に囲まれて
モンシャウ・クリスマス・マーケットベルギー国境の山間部にあるモンシャウは、17世紀ドイツの木組みの家々がそっくりそのまま残るメルヘンチックな町。ルーア川のそばのマルクト広場に立つクリスマス・マーケットは、この時期に降り始める雪を背景に、同地方で最もロマンチックなマーケットといわれている。また広場から徒歩5分の高台にあるお城では、中世の衣装をまとった人々と動物たちがキリスト誕生の場面を再現する「生きたクリッペ(Lebende Krippe)」を上演、敬虔で厳かなクリスマスの雰囲気を味わうことができる。

マルクト広場周辺
鉄道アーヘン駅からバスで約1時間
Tel: 0049 (0)2472 80480
www.monschau.de

バーデン・バーデン・クリストキンデルス・マーケット
Christkindelsmarkt Baden-Baden

等身大のクリッペが迎えてくれる
バーデン・バーデン・クリストキンデルス・マーケット黒い森に隣接した温泉保養地バーデン・バーデンは、「欧州の社交場」「欧州の夏の首都」などと呼ばれるが、クリスマスの季節になると、夏とはまた違った顔を見せてくれる。コリント式の列柱が見事なクアハウスの周りにはかわいい屋台が軒を連ね、冬の風物詩に色を添える。ここの自慢はキリスト生誕の場面を人形で再現した等身大のクリッペ(Krippe)。羊の鳴き声と新鮮な干し草の香りが、キリスト誕生の世界へと誘ってくれる。

クアハウス周辺
鉄道バーデン・バーデン駅からバスかタクシーで約10分
Tel: 0049 (0)7221 275200
www.baden-baden.com

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ