Sake Network 日本酒オンラインストア
Sun, 16 December 2018

セント・ポール大聖堂で「くまのパディントン」の作者の告別式

児童小説「くまのパディントン」の作者で、今年の6月に91歳で死去した作家マイケル・ボンド氏の告別式が14日、ロンドン中心部のセント・ポール大聖堂で行われた。「デーリー・メール」紙が伝えた。 

 告別式にはボンド氏の家族や友人のほか、俳優で作家のスティーブン・フライや、現在上映中の映画「パディントン2」に出演したヒュー・ボネビル、マデリーン・ハリス、サミュエル・ジョスリンも参列。ボネビルらは、ボンド氏に宛てたパディントンのファンからのメッセージを読み上げた。

 ボンド氏の娘であるカレン・ジャンケルさんは、パディントンが「とてもリアル」で、家族の一員のような存在だと言い、「まるで父の延長なので、父はこれからもずっと私たちと共にいるのです」と語った。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2019年 カレンダー販売 海外・日本帰国 引越しガイド
キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア