instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Wed, 17 July 2019
正田敏郎さん醤油を世界に広める
「正田醤油」の英国法人社長
正田敏郎さん

[ 前編 ]かつてロンドンの高級レストラン以外ではなかなか目にする機会のなかった日本食が、今や英国各地にあるスーパーマーケットのお惣菜コーナーにも並ぶようになった。英国内で流通するそれらお惣菜用の醤油を作っているのが正田醤油だ。日本伝統の味を英国人が受け入れるようになるまでにはどんな試行錯誤があったのか。全2回の前編。
プロフィール
しょうだとしお - 1963年8月21日生まれ、群馬県出身。学習院大学法学部法学科卒。1873年創業の老舗である正田醤油株式会社の創業家に生まれる。日本の商社の駐在員として米国やオランダへの赴任を経験した後、正田醤油が英国に海外初となる工場を設置したのを機に同社に入社。2000年に同社の英国法人となるショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパのマネージング・ダイレクターに就任した。同社では、ウェールズの工場で現地の水を使って製造した醤油やそのほか各種ソースを主に英国内の大手スーパーマーケットで販売される食品用に供給している。
www.shodasauceseu.com

 

オールマイティーな黒子役

ウェイトローズ、マークス & スペンサー、セインズベリーズ、モリソンズ、テスコ、アスダ。英国のスーパーマーケット業界は、所得層や趣味嗜好別に実に細かく分化されている。これらの代表的なスーパーすべてに商品を供給している日本の企業名を尋ねた際に、「正田醤油」と即答できる英国人はそれほど多くないかもしれない。その大多数が少なくとも一度は同社の商品を口にしたことがあるにも関わらず、だ。

「決まった『顔』を持たないと、逆にオールマイティーになれる可能性があるんですよ」。正田醤油の英国法人であるショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパの正田敏郎社長は、自社ブランド名を前面には押し出さない企業方針についてそう語る。明治6年に創業した同社には、日本全国の惣菜屋やインスタント食品の製造元から寄せられた「こんなソースを作ってほしい」という願いを100年以上にわたって叶えてきたノウハウがある。そうして作ったソースは、発注側の商品の一部として販売されるので、正田醤油はあくまでも黒子役。「自社のブランドとして販売しなければ、マーケティングや広告活動は発注側に任せきりにして、自分たちは品質の良い製品を安定して供給することに集中できるんですよね」。

ウェイトローズ
ウェイトローズを始めとする英国の各スーパーの競争は熾烈だ

黒子役に徹することで得られる利点はもう一つある。正田社長の言葉を借りると、それは「供給先を通じての無限の広がり」。各駅前への出店競争など互いに激しくしのぎを削る英国の各スーパーは、シーズンごとに新商品を発表する。その際、スーパーは話題を集める新規レストランのメニューやベストセラーになったセレブ・シェフのレシピ本などを参考にしながら「この夏に公園でバーベキューするのにぴったりな醤油ベースのソース」や「ソースに漬け込んだクリスマス・ディナー用の肉」といった食品を開発するので、商機はほぼ無数にあり、しかも自社のソースがやがて様々な食品へと生まれ変わっていく様子を眺めることができるのだ。しばらく見ない間にみるみる成長を遂げてしまう孫を見守るような心境なのかもしれない。

「醤油らしきもの」があったウェールズ

ショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパが製造する醤油は、ウェールズに構える工場で製造されている。「たまたま良い条件が重なった」と振り返る正田社長によると、1990年代より「醤油らしきもの」を作る別会社が既にウェールズに存在した。この会社は英国のカップ麺に相当する「ポット・ヌードル」に付属された小袋入りのソースを製造していたのだが、十分な品質のものが作れないということで、当時のウェールズ開発庁から日本の正田醤油に技術指導の相談が寄せられたという。同社が調査を開始したところ、ウェールズの水はロンドンの硬水とは異なり、醤油の製造に相応しい軟水であることが分かった。さらには現地の比較的安定した気候と労働意欲が高い国民性といった特徴に加えて、開発庁からの補助金が出ることが最終的な決め手となって、1999年にこの地を以前から検討していた海外進出の拠点とすることにした。

ショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパの工場
ウェールズにあるショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパの工場

それから14年。元々あった「醤油らしきもの」を作る工場に置かれていた「訳の分からない装置」をすべて取っ払い、隣の空き地に全く新しい工場を建設することから始めて、今や英国内の大手スーパー向けに製品を供給するまでに事業は進展した。大型の装置が必要となる一方で販売単価が水より安いこともある醤油・ソース産業は投資の回収が難しいとされているが、ショウダ・ソーシーズ・ヨーロッパは既に黒字化。成功の理由を正田社長に尋ねると、意外な答えが返ってきた。(続く)

 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ