instagram Facebook ツイッター
バナー
Fri, 18 October 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

リアム・ギャラガー、地元マンチェスター公演でテロ犠牲者をトリビュート

マンチェスター出身のミュージシャンで元オアシスのフロントマン、リアム・ギャラガー(44)は、30日にマンチェスターO2リッツで行われた自身のコンサートで、22日に起きたテロの犠牲者に追悼の意を表した。

 ギャラガーは14曲からなるこの日のコンサートの最後の曲に、オアシスの「リヴ・フォーエヴァー」を選び、観客と共にアカペラで合唱。コンサートの収益はテロ犠牲者の家族に捧げるという。

 また、米歌手アリアナ・グランデさんが、自身の公演時にテロに巻き込まれた被害者を支援するため、6月4日に同地で慈善コンサートを行うと発表している。同コンサートには、カナダの人気シンガー、ジャスティン・ビーバー、英バンドのコールドプレイを始めとするミュージシャンも出演する予定。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ