instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 16 July 2019

Warren Street W1

アクセス
undergroundWarren Street駅から徒歩2~5分

1. 普遍性を持つ英国製のスタイルを
in-ku

Wild & Woolly

創業者のカリンが目指しているのは、季節や年齢、流行に関係なく、長く着られる普遍性と質の高さ。今、主流のファスト・ファッションとは真逆をゆく手間暇を掛けたビジネスを貫く姿勢は、モノトーン・カラーを中心としながらも決して地味ではないシャープなデザインに反映されている。コムデギャルソンの川久保玲とコラボした作品を生み出した経験も持つ彼女が、英国に新たなスタイルを提示する。

15a Warren Street W1T 5LN
Tel: 020 7388 6168
水・木・土 10:00-18:00
www.universalutilityltd.com

2. フランスの家庭料理をお手軽に
Cafe Rive Gauche

Cafe Rive Gauche

早朝から開店するのもありがたいが、魅力はランチ・タイムの豊富な日替わりメニュー。家庭的な味といいたっぷりとした量といい、満足度の高い品々に惹かれる人たちで、広くはない店内がすぐにいっぱいになってしまう人気ぶりだ。元気なフランス人のオバチャンたちがテイクアウェイのお客を手際良くさばいていくのを見るのも楽しい。軽めがお望みなら、バゲットのサンドイッチやカマンベールのキッシュなども。

20-21 Warren Street W1T 5LS
Tel: 020 7387 8232
月~金 7:30-15:00
www.caferivegauche.co.uk

3. リーズナブルな価格で本格的な味
The YMCA Indian Student Hostel

YMCA

あまり知られていないが、このYMCAでは宿泊客でなくてもレストランを利用できる。学食っぽいセルフサービスの設えながら、味は本格派のインド・カレー。昼食時にはビジネスマンたちの姿も多く見掛けられる。肉や魚、ベジタリアンといった日替わりメニューに加え、必ずあるのがダールと呼ばれる優しい味わいのレンズ豆のカレー。何品かお盆に載せてもお財布に優しい値段がまたうれしい。

41 Fitzroy Square W1T 6AQ
Tel: 020 7387 0411
月~金 7:30-9:15 / 12:00-14:00 / 19:00-20:30
土・日 8:00-9:30 / 12:30-13:30 / 19:00-20:30
www.indianymca.org

4. カフェ感覚で立ち寄れるパブ
Smugglers Tavern

壁一面に飾られた古い世界地図や舵、ランタン。いかにも海賊の巣らしい趣向だが、水色と白で統一されたインテリアは落ち着いていて、明るいカフェのようでもある。食事メニューは豊富で、中でも人気の高いブリオッシュ・バンのバーガーを目的に訪れる人も多い。定番のデクスター・ビーフも食べ応え十分だが、サバの天ぷらバーガーなども意外なおいしさでお勧め。

28 Warren Street W1T 5ND
Tel: 020 7388 8686
月~土11:00-23:00(食事は12:00-15:00 / 17:00-21:30)
www.thesmugglerstavern.co.uk

5. フレッシュな自家製エスニック料理を
Nyonya

シンガポール料理をメインとしたアジア料理の店。すべてがその日に店内で料理されるフレッシュな味わいが自慢だ。チェーン店の多い界隈にあって、一味違うスパイシーな料理を求める若い層が多く訪れるが、ライム入りココナッツ・ソースで和えた魚料理など、マイルドな味わいのメニューもそろう。セルフサービスのフォーチュン・クッキーとエビせんべいも忘れずに!

11 Warren Street W1T 5LG
Tel: 020 7387 0300
火~金 11:30-19:00

*閉店しました

取材・写真: Keiko Lippard

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ