instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sun, 21 July 2019

Gabriel's Wharf SE1

アクセス
tubeWaterloo駅から徒歩10分


隠れ家ストリート Gabriel's Wharf SE1 を表示

1. Davies and Vaughan

職人の技に裏打ちされたジュエリー

Davies and Vaughanエレガントな手作りジュエリーが陳列されたウィンドーと、その奥の雑然とした工房の対比が印象的なジュエリー・ショップ。用途別に置かれた数十ものドリルの刃や無骨な形のペンチ、バーナーを鮮やかに使いこなす職人が作り上げるのは、繊細さが魅力のジュエリー。今シーズンの人気は植物モチーフのシリーズだとか。華奢な外観に反して、実用に耐える丈夫な作りとなっているところに職人技が光る。

Studio 15, Gabriel's Wharf,
56 Upper Ground SE1 9PP
Tel: 020 7928 8808
月~土 11:00-17:30

 

2. The Wharf

The Wharfテムズの景色を召し上がれ

テラス席を含めたほぼ全席からテムズ河を眺められる絶景自慢のレストラン。テイト・モダンやオクソ・タワーに隣接という場所柄、多くの観光客が訪れる。街中をせわしなく巡る彼らがゆっくり過ごせる場所にしたいと、オーナーはくつろげる空間作りに心を砕く。お勧めは魚料理だが、観光客の少ない開店直後を狙って、焼きたてのペストリーを頬張りながら眺めを独り占め、という楽しみ方も。

56 Upper Ground SE1 9PP
Tel: 020 7401 7314
月~日 10:00-0:00

 

3. Friedel Buecking

Friedel Buecking謎の物体の正体は?

ガブリエルズ・ワーフに足を踏み入れると、子供がよじ登って遊んだり、観光客が腰を掛けておしゃべりをしているユーモラスな木製の彫刻群が目に入る。実はこれらはドイツ出身の彫刻家、ブエッキング氏の作品だ。「自分の作品があることで、人々がハッピーになるのがうれしい」と語る彼は、自由に触れて遊ぶことができる展示スタイルを取り入れた。もちろん購入も可能で、国外への発送も行っている。

Gabriel's Wharf, 56 Upper Ground SE1 9PP 
Tel: 01727 839 237
常時オープン

 

4. Skylark Gallery

Skylark Galleryアーティストと触れ合えるギャラリー

彫刻、油彩、陶芸など分野も作風も異なる14人のアーティストが集まり、自らの手で運営している手作り感溢れるギャラリー。彼らは交代でギャラリーの受付を担当し、毎月最終金曜日にはイベントを開催しているので、これらの機会を通じて作家の人柄を知れば、作品が2倍楽しめそう。オクソ・タワー内にも姉妹店がある。

Studio 5 Gabriel's Wharf,
56 Upper Ground SE1 9PP
Tel: 020 7928 4005
月~日 11:00-18:00
www.skylarkgalleries.com

 

5. London Bicycle

London Bicycle サイクリング・ツアーはプロにお任せ!

所有する自転車は400台以上という、名所を自転車で巡るガイド・ツアーを催行する会社。安全運転の指導、自転車で走りやすいルートの選定、チャイルド・シートの用意、足に不安がある方への電動アシスト・バイクの推奨など、自転車ツアーのプロとしてのサービスも徹底している。今年は何と言っても、オリンピック会場を含むロンドン東部を回るツアーがお勧め。

1a Gabriel's Wharf, 56 Upper Ground SE1 9PP
Tel: 020 7928 6838
月~日 9:30-18:00
www.londonbicycle.com

取材・写真:Keiko Kashiwagi

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ