Yutaka
Thu, 21 October 2021

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

監査報告書の変更点

英国の全ての企業は、2006年会社法に基づいて監査が義務付けられています。企業の規模や属するグループの規模に応じて、いくつかの免除規定があります。 監査手続きを完了した全ての企業に対しては、監査人が監査報告書を作成し、法定財務諸表に挿入します。

監査報告書の基準はどのようなものですか。

財務諸表に対する意見の形成と監査報告であるISA(UK)700は、ここ数年の間に何度か改訂されています。改訂されるたびに、新たな変更点をカバーするため標準化された新しい文言が基準の付録に含まれ、これにより監査報告書の形式と内容が、財務諸表とこうした報告書を発行する監査法人の間で標準化されています。

基準は、2019年11月に最新の改訂が行われ、2020年1月に更新されました。この基準は、2019年12月15日以降に始まる会計期間の財務諸表の監査に適用されます。したがって大多数の事業者にとっては、2020年12月以降の年度末に対する財務諸表の監査から発効となります。そのため企業が財務諸表で更新された監査報告書を目にするのは、2020年12月の年度末がおそらく初めてとなります。

監査報告書にはどのような変更点がありますか。

ISA(UK)700の最新版では、監査報告書のなかで詐欺行為を含む不正を発見できると考えられる監査の範囲を説明することが監査人に求められています。 これは、すでに公益事業体の監査報告書の要件となっていましたが、これが全ての事業者に拡大されました。

また英国財務報告評議会(FRC)は、こうした変更点を対象とする推奨文言を提示していないため、こうした追加項目の書式や内容は、監査対象企業に合わせてカスタマイズされることになります。

なぜ基準が改訂されるのですか。

ISA(UK)700の改訂は、非常に注目されていた企業がいくつか破綻し、監査人に対する疑問および企業が継続企業として存続できる能力に関して監査人が行った作業に対する疑問が投げかけられたことを受けて実施されました。

監査報告書では、監査人の監査手法が詐欺行為を含む不正をどの程度発見できるかについて、監査人が質的・量的な要因を考慮して説明します。この説明は、そもそも不正を発見することが本質的に難しい点や、企業の統制環境の有効性、監査人が実施した監査手続の時期と範囲により影響を受けます。監査の性質上、重点的に取り組むのは、不正により財務諸表の重要な虚偽表示のリスクが高まる分野となります。したがって、こうした分野で実施した取り組みは、監査報告書の中で詳細に説明されます。

そのほかに変更点はありますか。

監査リスクの識別と評価に関する基準(ISA(UK)315)の改訂版が、2021年12月15日以降に始まる会計期間から発効します。ただし早期適用が認められています。

この改訂版は、リスク評価を支援するための新たな固有リスクの要因、新たなリスクの範囲、固有リスクと統制リスクを別々に評価する必要性などの変更を導入することにより、リスク評価のプロセスを根本的に変えるもので、広範囲におよぶ可能性があります。

こうしたリスクは監査報告書の文言の基本となるため、近い将来に監査報告書の改訂が行われることが予想されます。

ジェフ・ジョンソン ジェフ・ジョンソン
監査・会計 パートナー
BDOに9年勤務。英国会計基準(UK GAAP)や国際会計基準(IFRS)、米国会計基準(US GAAP)の豊富な知識を基に、監査と財務会計を専門とする。勅許会計士(ACA)の資格を持つ。

財務
 

パートナー&パートナーデジグネート

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣祐介
  • 会計パートナー陣ジェフ
  • 会計パートナー陣アンディー
  • 会計パートナー陣チー
  • 会計パートナー陣ルーク

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: [email protected](日本語)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

グリーティングカード制作 ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ