日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが最優秀賞を受賞いたしました!
Fri, 15 December 2017

第110回 美しきものは永遠の喜びなり

急な冷え込みで朝霧濃く、窓越しのシティの街並みはミルク色に霞んでいます。部屋で流しっ放しのクラシックFMの天気予報から、この時期にお決まりの季節の表現「Season of mists and mellow fruitfulness(霧が漂う豊かな実りの季節) 」が聞こえてきました。これは詩人キーツのフレーズ。昨晩、勤め先近くのパブで同僚と飲みながら、ここは「スワン & フープ」という宿屋でキーツの生誕地なんです、と話し込んでいたところでした。

パブ
キーツの生誕地は現在、パブになっている

英国を代表するロマン派詩人ジョン・キーツは1795 年、シティの宿屋と貸馬の商売を営む家に生まれます。ところが父親はキーツが8歳のときに落馬して死亡。母親は再婚、離婚の末、彼が14歳のときに病死してしまいました。母に寄り添っての看病が実らず孤児となったキーツは、医者になろうとシティ近くのガイ病院に奉公します。この貧者救済の病院は患者の列が後を絶たず、毎日が多忙。そんな彼の心を癒したのは古典の詩でした。

住居
キーツが病院に奉公していたころの住居

やがてキーツは詩を書き始めますが、その作品の多くにギリシャ神アポローンが登場します。医術と芸術の神アポローンの像は治療の神として病院によく飾られていますが、医学では癒しきれない魂の鎮痛剤、心の安らぎを求めたのでしょう。キーツはやがて詩人の道を選んでロンドン北部ハムステッドの友人宅で詩作に励みます。ハムステッドの丘から眺める雄大な自然、麗しき楽園から多くのインスピレーションを受けたに違いありません。

キーツの像
ガイ病院にあるキーツの像

急に進んだ工業化は人々の心を歪めました。その痛みを和らげるために自然と美への回帰を説くキーツの詩は、現在の私たちをも魅了します。「エンディミオン」の一節「美しきものは永遠の喜び、それは絶ゆることなく増しゆき、我らが木陰を静寂に……」が寅七のお気に入り。美の体験の喜びが、何度も繰り返されてより美しい色合いとなって人生に調和してゆきます。でも、彼は結核の病に倒れ、25歳で病死。余りに短過ぎる人生でした。

キーツ博物館
ハムステッドの旧宅はキーツ博物館に

キーツが詩的感興を受けたとされる重要な彫刻がありました。それは1817年に公開された大英博物館のエルギン・マーブル。彼はギリシャのパルテノン神殿から取られた彫刻群の力強い存在感とその儚さに多くの感銘を受け、2つのソネットを書き残しています。そうそう、この彫刻群をギリシャから持ち帰った第7代エルギン伯の息子が日英修好通商条約を協約した際、東京の品川区にある西應寺で日本に初めて乾杯の儀を伝えたと言われます。こちらも「永遠の喜び」でしょうかね(失礼)。

大英博物館のエルギン・マーブル
大英博物館のエルギン・マーブル

 
  • Facebook

シティ公認ガイド 寅七

シティ公認ガイド 寅七
『シティを歩けば世界がみえる』を訴え、平日・銀行マン、週末・ガイドをしているうち、シティ・ドラゴンの模様がお腹に出来てしまった寅年7月生まれのトラ猫


日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集