ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 28 June 2022

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

葬儀のときにエリザベス女王が付けていたブローチ

4月17日、エリザベス女王は73年間連れ添った夫フィリップ殿下を送る際、自身のコレクションのなかで最も大きなブローチの一つを左胸に付けたという。「イブニング·スタンダード」紙が伝えた。

このブローチは、1893年にエリザベス女王の祖母メアリー王妃が結婚する際、ロンドン西部の街リッチモンドから贈られたもので、リッチモンド·ブローチと呼ばれている。このダイヤモンドのブローチは、2つの取り外し可能な真珠が装飾された豪華なもので、特別な機会にのみ装着される。エリザベス女王は2018年のヘンリー王子とメーガン妃の結婚の際にもこのブローチを身に着けていたという。

 

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

JFC ゆめにしき
Valuence International
バナー バナー londoniryo_dental バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ