instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 18 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

バッキンガム宮殿近くの排気ガスがものすごい

23日付の「サンデー・タイムズ」紙は、ロンドンのバッキンガム宮殿が国内最悪レベルの大気汚染に見舞われていると報じた。
 

同紙によると、交通量の多いピカデリー地区などの近隣に位置するバッキンガム宮殿の周辺では、排気ガスの主な成分とされる二酸化窒素が大量に発生している。その量は欧州で法的に定められた限界値の約4倍。


同紙はまた、マダム・タッソー館、玩具販売店のハムレイズ、大英博物館、ナショナル・シアター、国会議事堂といったロンドンの観光スポットにおいても大量の二酸化窒素が発生していると伝えている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ