ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 30 May 2024

ロンドンのオーバーグラウンド、6つの路線の新しい名称が明らかに

15日、ロンドンを走る6つのオーバーグラウンドの新しい名称が明らかになった。昨年8月、ロンドン交通局(TfL)は、乗客がオーバーグラウンドをより利用しやすくするために、路線に名称を付けることを発表。TfLのウェブサイトによると、ロンドンの多様な文化を象徴するようなネーミングとなっており、今年の秋までに路線図などの変更が順次行われ、年内に完全に移行予定。
※以下は各路線の新しい名称、区間、名前の由来の順に記述

・ライオネス線(Lioness line)
Watford Junction〜Euston駅
イングランド女子サッカー(ライオネス)の功績を讃える

・マイルドメイ線(Mildmay line)
Richmond、Clapham Junction〜Stratford駅
1980年代のHIV・エイズ危機の時に開院し、以来HIVやエイズのケアや治療、リハビリなどを提供するショーディッチの慈善病院の名前

・ウィンドラッシュ線(Windrush line)
Highbury & Islington〜New Cross、Clapham Junction、Crystal Palace、West Croydon駅
ウィンドラッシュ世代が多く移り住む地域を走り、カリブ海のコミュニティーへの敬意を示す

・ウィーバー線(Weaver line)
Liverpool Street〜Enfield Town、Cheshunt、Chingford駅
17世紀に絹などの繊維貿易で栄え、英国の衣料産業を拡大させた経緯から

・サフラジェット線(Suffragette line)
Gospel Oak〜Barking Riverside駅
イーストエンドの労働者階級コミュニティーが女性の権利のために戦ったことを記念して名付けられた。女性参政権運動家で103歳で亡くなったアニー・ハゲットの故郷バーキングも通る

・リバティ線(Liberty line)
Romford〜Upminster駅
アウター・ロンドンに位置するヘイヴァリング(London Borough of Havering)がかつて王室の行政区(リバティ)であったことから

 

 

 

 
  • Facebook

不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO Sakura Dental Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street お引越しはコヤナギワールドワイド

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ