instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Tue, 16 July 2019

EL BLASON

25 October 2007 vol.1119

ロンドンにスペイン料理数あれど、ここ一番! と言われれば、どのお店を挙げますか? 今回紹介するのは、そんなベスト・オブ・スパニッシュと言っても過言ではない究極の1軒。なんと、スペインの王様御一行もご来店!

といっても、そう、ラテンの国スペインですから、堅苦しい雰囲気はありません。スタッフのノリもよく、さっそく、日本でも大人気となった生ハムの特上品、「イベリコ」を目の前でスライスしてくれました。これは、スペイン西部地方でのみ飼育される黒豚で、うす~いそのお肉は、霜降り状! 口の中に入れたとたん、とろけるような美味しさに食べ切ってしまうのがもったいないほどです。そして、その感動も覚めやらぬうちに出てきたのは、地中海の車エビ。カタラン料理には欠かせないコールド・アリオリソースをつけていただくと、ひやっと冷たい口当たりの中で、はじけるようなエビの食感と風味が広がって、もうたまりません!

極上の舌触りは、まるで肉のトロ!一度この味を知ると、もう他の生ハムが食べられないかも!?   まだ生きているかのように新鮮なロブスターは、地中海から直送。一緒にサーブされるアリオリ・ソースは、ガーリック・マヨネーズ味

さらに続いては、これぞ当店自慢のスペシャル・メニュー、ベビー・ラムが登場しました。なんでも、生後6カ月未満のラムを食べるのは英国では法律で禁止されているそうで、本国スペインから輸送。そう、めったやたらにお目にかかれない逸品なのです。若いだけに臭みがなく、これまた頬が落ちそうなほど柔らかい。最後は、赤、黄色、オレンジと目にも鮮やかな元気カラーがまたもや食欲をそそるパエリアで締めくくり。程よい歯ごたえのライスの上に、エビやイカ、貝などのシーフードとチキンがゴロゴロと入っていて、ボリュームたっぷり。大満足のコースとなりました。


パエリアの注文は2人前からOKだが、日本人女性なら4人でも十分のボリューム   ミルクしか飲んでいない、生まれて間もない子羊の肉。独特のクセもないので、ラムはちょっと苦手という人にもおすすめ!

実はここ、日本人の美食家の間では、ひそかに有名。人が人を呼び、今では「お客さんの6割は日本人」とか。タパスでは50種以上のディッシュ(£3.50~)が楽しめ、ランチもあり。グループで来るといろいろ試すことができて絶対おすすめですよ!

bill
The King of Spanish Ham
£24.80
Mediterranean Prawns
£12.80
Spanish Baby Sudding Lamb
£26.50
Paella Tradicional
£33.00
TOTAL(3人分)
£97.10

レストラン・データ
店名 EL BLASON
住所 8-9 Blacklands Terrace London SW3 2SPmap
TEL 020 7823 7383
最寄り駅 Sloane Square
営業時間 月~土12:00~15:00 18:00~23:00 / 日・バンクホリデー休
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
バナー バナー バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ