instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sun, 21 July 2019

yauatcha

8 December 2005 vol.1023

気軽に入れるオリエンタル・レストラン「ワガママ」、そして英国では中華料理で初めてミシュランの星を獲得した「ハッカサン」の成功に続き、辣腕レストラター、アラン・ヨウがソーホーに出した飲茶レストランがここ「ヨウアッチャ」だ。

生鮮食品や雑貨が雑然と並ぶストリート・マーケットのあるバーウィック・ストリートから、一歩、ブルーのガラス張りの店内に入ると、外の喧騒が嘘のように、モダンで整然とした空間が広がる。

1階部分はカフェになっていて、フランス人パティシェが腕をふるった美しいケーキと、何十種類にも及ぶ中国茶の缶が並んでいる。

ケーキは、英国ではあまり見ない抹茶を使ったものもあり、オリエンタルなテイストを大切に、平均的な英国の「ケーキがおいしい店」とは一線を画するこだわりぶりだ。

カフェではあるが、地階のレストランに入れないお客の要望に応え、飲茶も提供するようになったという。

地階のレストランは、青を基調に、まるで水槽の中にいるような雰囲気。飲茶とおしゃべりを楽しむ若いカップルや、女性同士でテーブルを囲む姿が目立つ。

飲茶のメニューに目を向けると、シュウマイや春巻きなどの定番メニューはもちろんのこと、鹿肉のパフやクリスピー・ダック・サラダなど、素材や調理方法に一工夫されたものまで、その数はなんと100種類近い。また、中華街での飲茶には見られない繊細なプレゼンテーションも、特徴のひとつ。ニンジンをかたどった蒸し餃子など、せいろの蓋を開けて嬉しい驚きがあるものも。オープン1年目にしてさっそくミシュランの星を獲得したことからも、味のほうはお墨付きだ。また、烏龍茶やジャスミン・ティーを使った7種類のティー・カクテルも、ほかにはないここだけの味。

繊細な料理を味わいながら、ちょっと変わったお酒をたしなむには、ぴったりの場所といえるだろう。

店名 Yauatcha
住所 15 Broadwick Street, London W1F 0DL
TEL 020-7494-8888
営業時間 Lunch: 12:00-14.30, Dinner: 18:00-23:30, (日曜日のみ18:00-22:30)
Budget £30.00
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
バナー バナー バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ