instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Tue, 20 October 2020

Da Marioロンドンのピカイチ・パスタ

14 September 2006 vol.1062

コベント・ガーデンというロンドンの繁華街にありながらも、家庭的な雰囲気溢れるチャーミングなイタリアン・レストラン。一見何でもない普通の店だけれども、通の間では「ロンドン1のイタリアン」と密かに語り継がれている影の名店だ。

この居心地の良いレストランを切り盛りするのは、南イタリア出身のコラードさん&マリアさん夫婦。パスタのほかにも肉料理、魚料理が数多く並んだ本格的メニューは、どれを選んでも正解だけれど、マリアさんが丹念に手作りする特製ホームメード・パスタ(グルテン・フリー)とデザートは特におすすめ。一度こ このパスタを口にした人は必ずこの店に戻ってくるという伝説が生まれてもおかしくないくらいの絶品だ。

数あるパスタの中でも是非是非試してもらいたいのが、エビの風味が漂う「Linguine con Gamberoni (£7.10)」。ソースの味付け、パスタのゆで具合、具の新鮮さとどれをとってもパーフェクト。スターターでは、ホタテ、マッシュルーム、ベーコンの取り合わせが絶妙な「Capesante con Funghi & Bacon (£6.90)」をお試しあれ。食事のお供には、コラードさんが選んだ今月のワインをどうぞ。

パスタなど
左)一度食べるとクセになる「Linguine Con Gamberoni」は、おすすめ中のおすすめ 
中)風味豊かなイタリア茸、ポルチーニの入っ た幅広パスタのパパデーレは、通常メニューのトマト・ソースをバターに変えてもらったもの。色々なアレンジに対応してくれる
右)「Capesante con Funghi & Bacon」はシンプルな味付けが、家庭料理のヒントになりそう

たとえ食事でお腹がいっぱいになったとしても、デザートをためらうことなかれ。ティラミス、パンナコッタなど舌の上でまろやかにとろけるデザートが、至福の時を美味しく締めくくってくれる。バニラ・アイスをコーヒーでトッピングした「Affogato al Caffe (£3.50)」もおすすめ。

総じて、日本人好みのシーフード系のパスタが豊富で、ソースはあっさりとしたシンプルな味付けが主流。名皿が並ぶ「本日のおすすめ」は、壁のボードに記されているので、チェックするのをお忘れなく。自分の好みを 伝えれば、メニューにないものにも対応してくれることがあるので、躊躇せずフレンドリーなスタッフに話し掛けてみよう。


左)大きなエビをチリ、ガーリック・ソースで和えた「Gamberoni al Diavola(£10.90)」。ナイフとフォークでも食べやすく細工された殻に、細やかな心配りを見る
中)まろやかな舌触りの自家製パンナコッタは、フルーツ・ソースと共に
右)温かいピンクの壁が心地良い店内

実は、ダイジェスト社員はこの店のリピーター。秘密にしておきたい気持ちをこらえて、美味しいレストランをお探しの読者のために今回紹介に踏み切りました。お手頃価格の本格的イタリアンなら、迷わずダ・マリオへ。 本当に、お・す・す・めです。カジュアルなレストランだけれど、混み合うので予約を入れた方がベター。


レストラン・データ
店名 DA MARIO
住所 63 Endell Street London WC2H 9AJ map
TEL 020 7240 3632
営業時間 月~金12:00-14:30、18:00-23:15 / 土12:00‐23:15
Budget £20~
最寄り駅 Covent Garden 駅
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ