instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Mon, 23 September 2019

ロンドナーのお弁当生活

ランチ・ボックスと言えば
サンドイッチが定番の英国でだって、きっとできるはず。
バリエーション豊かなお弁当で、
身体も心も懐も喜ぶ食生活、始めませんか。

お酒のつまみでお父さんも気軽にチャレンジ

おいしいお酒を飲む秘訣は、やっぱりおつまみ。食べながら飲むことで、食べ物が胃粘膜上に層を作って粘膜を保護するとともに、アルコールの吸収を遅らせて肝臓をいたわります。お酒を飲んでいるときはアルコールによってビタミンやミネラルが失われやすいので、野菜類はしっかり補給しましょう。またアルコールを分解する働きをもつ肝臓は、たんぱく質を必要とすることから、肉、魚、卵、大豆製品、乳製品をたっぷり摂りたいですね。というわけで今回は、お父さんでも気軽に作れるバランスの取れた簡単でヘルシーなお酒のおつまみを、翌日のお弁当のおかずに変身させてみました。

酒のつまみ弁当
★ ケバブ風豚つくね ★ 鮭のマヨネーズ焼き マスタード風味
● プチトマト ● アスパラとしいたけの炒め物 ● 麦ごはんの一口おにぎり
デトックス・サラダ

ケバブ風豚つくね

  • 1玉ねぎはみじん切りにして電子レンジで2~3分加熱して冷ます。
  • 2豚ひき肉をボウルに入れ、1とドライ・ミックス・ハーブ、グラウンド・コリアンダー、グラウンド・クミン、ミックス・スパイス、塩、こしょうを入れて、粘りが出るまでよく混ぜる。
  • 32を8等分にして、小さめのハンバーグ状にまとめる。
  • 4フライパンに油を敷き、3を入れて中まで火が通るように、中弱火でこんがりと焼く。
  • 5チリ・ソースを添える。
材料: 1、2人分  
豚ひき肉 200〜250g
玉ねぎ 1/2個
ドライ・ミックス・ハーブ 小さじ1
グラウンド・コリアンダー 少々
グラウンド・クミン 少々
ミックス・スパイス 少々
少々
こしょう 少々
植物油 小さじ1
チリ・ソース(市販) 適量

 

鮭のマヨネーズ焼き
マスタード風味

材料: 1、2人分  
鮭(切り身) 1枚
玉ねぎ 1/2個
マヨネーズ 大さじ3
粒マスタード 小さじ1
少々
少々
こしょう 少々
  • 1鮭の切り身は4、5等分に切り分け、酒と塩を振って10分ほど置き、キッチン・ペーパーなどで水気を取る。
  • 2玉ねぎはみじん切りにして電子レンジで2~3分加熱して冷ます。
  • 3器に2、マヨネーズ、粒マスタード、こしょうを入れて混ぜる。
  • 413を載せ、180~190度に温 めたオーブンで15~20分焼く。

 
  • Facebook

Miki Symonsサイモンス美樹 M.Sc. 管理栄養士
日本では生活習慣病の栄養指導に携わる。2000年に渡英。大学院終了後、ロンドンの日系食品会社で学術部に所属。10年より日本食の素晴らしさを英国で普及すべく、happylife Japanese nutrition and healthを主宰。 http://happylife.vpweb.co.uk

読者プレゼント
バナー バナー バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ