instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 16 July 2019

北岡元さん
Hajime Kitaoka
Consul General
Consulate General of Japan

北岡元さん
肩書き
在エディンバラ日本国総領事館総領事
経歴
1956年東京都生まれ。東京大学法学部卒業、オックスフォー ド大学修士(国際関係論専攻)取得。外務省に入省後、英国、バングラデシュ、ニューヨーク、フィンランド大使館、総領事館で書記官、領事、参事官を務め、国際情報局国際情報課課長に就任。その後、世界平和研究所主任研究員、内閣情報調査室衛星情報センター総務課長、国立情報学研究所教授、政策研究大学院大学教授、エチオピア大使館公使を経て、現在エディンバラ総領事館総領事。インテリジェンス関連著作を5冊上梓。日本のインテリジェンス研究の先駆けである。

インテリジェンスは
「知識、組織、そして活動」

英国、特にスコットランドとのかかわりを教えていただけますか。

スコットランドこそ、外交官生活の原点。35年前の夏を外務省の語学研修で過ごした懐かしい街が首都のエディンバラです。そしてロンドンの英国大使館に勤務したり、外務本省で英国担当官や英国担当課の課長補佐を務めたり。その後、英国との縁は切れてしまったのですが、35年ぶりに戻って来てみると、美しい街並みはそのままですが、何と独立運動! 本当にびっくりしました。

おっしゃる通り、昨年は独立の是非をめぐる住民投票でスコットランドが揺れました。当時の街 の様子、総領事としての活動を教えてください。

「街」によります。総領事館のあるエディンバラは平穏そのもの。日本からのお客さんに「本当に独立運動をやってるんですか?」などと聞かれて困りました。しかしグラスゴーなどは正反対で、街中での集会、演説など、大いに盛り上がっていました。総領事の仕事としては、とにかく現場からの「実況中継」。色々なところに足を運び、100人以上の人にインタビューしまくり、電報で東京やロンドンに報告するという毎日でした。

住民投票直前には一時、賛成派が反対派を上回ると白熱した状況となりましたが、否決という結果は予想通りでしたか。

「先見の明があった」と自慢するつもりはないですが、投票直前の時点で「否決」は間違いないと思っていました。しかし45%の「反対」は完全に読み違い。「48~49%まではいくだろう」と思っていたので、情報の専門家を自負していた手前、忸怩たるものがあります。「重要な決断をする直前になると、急に慎重に計算し始める」というスコットランド人の性向を表す「キャニー(canny)」という言葉が思い浮かびました。

現在のスコットランドの状況はいかがでしょう。また今後はどのような道を進むことになると予想されますか。

一言で言うと「スコットランド・ライジング」! 独立反対派が約束した「連邦制に限りなく近いもの」はさっぱり実現しない。ロンドンを中心とするメディアがスコットランドを「too wee(ちっちゃい), too poor, too stupid」という感じで扱うことへの反発。スコットランド国民党党首のカリスマ。英国労働党の「手下」にしか見えないスコットランド労働党への幻滅などが相まっての結果です。状況次第ですが、欧州連合(EU)を何よりも重視するスコットランドのこと。国民投票で英国がEU離脱を選択するような事態ともなれば、かなり大きな確率で再度の住民投票が行われるでしょう。

北岡総領事は日本におけるインテリジェンスの第一人者として知られています。具体的に「イ ンテリジェンス」とは何でしょう。

「インテリジェンス」というのは「知識、組織、そして活動」という3つの面から定義されます(「活動」の面からの定義には「諜報活動」が含まれますが、それだけではありません)。「知識」の面から言うと、それは「利益を実現する知識」。インフォメーションが氾濫する現代社会で個人や企業、そして国家の利益を実現してくれるのだから、これほど重要なものはありません。もっと多くの日本人に、その重要性や創造の仕方を教えていくのが、今後の自分の最大の課題だと思っています。

在英邦人として、どのようにインテリジェンスを役立てたら良いでしょうか。

だんだん物騒な世の中になってきましたが、「自分のことは自分にしか守れない時代になった」という自覚を持つことが最も重要です。何かヤバいことが起こるとき、ほとんどの場合は前兆があります。「普段と違う」、「なぜここにこんなヒトが(モノが)」などに「気付く」こと。これこそが、そのあとに続く「回避行動」を可能にし、皆さんの安全という「利益」を実現してくれるインテリジェンスです。難しそうに聞こえるかもしれませんが、適度な緊張感をもって(車を運転しているときのような感じです)日常生活を送ると、「気付き」が可能になり、皆さんのセキュリティーは格段に向上します。お試しあれ。

在エディンバラ日本国総領事館在エディンバラ日本国総領事館

小所帯ですが、エディンバラ総領事館をお忘れなく!
日本関連イベントなどの詳細は、下記サイトをご参照ください。
(写真は当館主催の着物ファッション・ショー)

Consulate General of Japan in Edinburgh
2 Melville Crescent, Edinburgh EH3 7HW
Tel: 0131 225 4777
www.edinburgh.uk.emb-japan.go.jp
 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ