ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 02 December 2021

セレブとリハビリ

依存症に喝を入れるセレブ駆け込み寺

麻薬依存治療で入院していたケイト・モス。場所は、米アリゾナ州フェニックス(荒涼とした片田舎です)にあるメドウズ・クリニック。麻薬にアルコール、セックス、恋愛依存症や摂食障害などの心理的療法は全米屈指といわれ、セレブ御用達リハビリ・センターとしてつとに有名だ。

大物でいうと、ストーンズ40周年記念ツアーを目の前にして、アルコール依存治療のために入院したロン・ウッドや、コカイン漬けで骨と皮になったホイットニー・ヒューストンなど。

ケイトと同様、連日タブロイドに叩かれセンター入りしたのが、元「イースト・エンダーズ」女優、ダニエラ・ウエストブルック。なにせ左右の鼻の穴が貫通して1つになるほどのコカイン中毒だった。

うつにアルコール依存、摂食障害とトリプル原因で直行したのは、女優のトレイシー・ショー。今は夫婦仲も修復し子宝にも恵まれ、めでたしめでたしとか。チャールズ皇太子の友人で元祖「イット・ガール」のタラ・パルマー・トムキンソンは、コカイン(日に250ポンド分使用)と、うつで2度クリニックのお世話に。

豪州出身のスーパーモデルで2児の子を持つバツイチ、エリ・マクファーソンは、産後のうつ(アルコールが原因とも言われている)で入院した。ほかにもポール・ガスコインやマイケル・バリモア、ケリー・カトーナ(マクファデン)らがいる。

ちなみに、ケイト・モスは30日で2万ポンドのプログラムだったらしい。携帯電話は没収され、テレビ、新聞、雑誌は禁止、カフェインと砂糖も制限付きで、朝6時起床、部屋はシェアという。監獄並みの厳しさだが、娑婆へ出た開放感からつい、ってことにならなきゃいいが。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

グリーティングカード制作 プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
athletia
バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ