instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 25 May 2020

英国発ニュース

チャールズ皇太子の「ロビー活動」が問題に-月1回の頻度で閣僚と会談

 チャールズ皇太子が、現連立内閣の閣僚とほぼ月1回の頻度で会談していたことが判明し、王室による事実上のロビー活動として問題視する声が上がっている。「デーリー・メール」紙が報じた。

 保守党と自由民主党による連立内閣が組閣された2010年5月の総選挙後だけに限っても、チャールズ皇太子と閣僚の間で持たれた会談は述べ36回。その多くが皇太子側からの要望を受けて実現したものだとされている。

 チャールズ皇太子は、環境政策や都市開発計画、代替医療などの分野において強い関心を持つことで知られている。また自身の政治的主張を関係者に直接的に伝えたなどの事実が過去にも度々報じられており、こうした行為が王室による政治的介入として批判の対象となっている。

 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ