instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Sun, 11 April 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

11世紀の塔の鍵が戻ってきた

英南部ケントに建つノルマン朝の小さな塔、聖レオナード・タワー。この塔の扉に付いていた真鍮の大きな鍵は約50年前に紛失したが、先ごろ、突然郵便で戻ってきたという。「ガーディアン」紙が伝えた。

受け取ったのは、歴史的建造物を保護する「イングリッシュ・ヘリテージ」で、鍵は、「借りていました、遅くなってごめんなさい」というメモと共に、封筒に入っていたそう。謎の送り主は1973年からずっとその鍵を「借りて」いたようで、塔はその間に新しい鍵を取り付けていた。

 

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ